望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり

2024-01-01から1年間の記事一覧

横断歩道の毛虫

郊外の割と交通量が多い片側1車線の道路で友人は、横断歩道の端のほうに長さ6〜7cmの細長い黒い毛虫を見た。樹木の多い公園側から、ゆっくりゆっくりと横断歩道を渡り始めた毛虫は、信号が変わって発進する車両に気づいたのか風圧に耐えるためか、動きを止…

寄り合いと会議

日本には民主主義の歴史がなく、民主主義は15年戦争の敗戦後に米国が日本に導入させたという解釈がある。民主主義の最低条件は、①主権を国民が有する、②主権者による自由選挙が行われる、③自由選挙は公正に行われる、④主権者による自由選挙で選出された人々…

酒飲み無宿

人別帳は江戸時代の戸籍だが、農民や町民ら民衆を管理する制度でもあった(後に各自の宗旨を記載させた宗門人別改帳へと拡大)。人別帳が現在の戸籍と違うのは、夜逃げや家出・勘当などで姿を消した人々、窃盗や刃傷沙汰などで追放されたり所払いになった人…

感染拡大の波があった

コロナ禍を経て変わったものというと「外出時にトイレを使用した後で必ず手洗いをするようになったことぐらいだ」と友人。コロナ禍の最中は自分や家族がコロナに罹患することを恐れる気持ちが強く、人と会うことが少なくなったそうだが、以前から使用するこ…

独裁者の後継者

国家における最高権力者の決め方は様々だ。米国などでは大統領を選挙で決め、日本などでは首相を議会が決めるが、議会の議員は自由選挙で選出される。だが、最高権力者が居座るために選挙に介入し、対立候補の立候補を阻んだりして結果を有利にするよう仕組…

朱鷺と大山椒魚

食用のために輸入されたチュウゴクオオサンショウウオ。逃げ出したのか放たれたのか定かではないが、やがて野生化して定着した。食用にならずにすんで日本に住み着き、子孫を残して生命のリレーを行っているのだから、静かに見守っていてもいいはずだが、日…

革新と伝統

非常に偉い人の定義とは「革新的なことをする人」で、シェーンベルクの十二音階の音楽やゴッホの絵、ピカソのキュービズムとか偉い人は「全く新しい世界をつくる人だ」とするのは加藤周一氏。ただし、初めから革新的であったのではなく、伝統的な方法を短い…

出合いは才能だ

土日に仕事などが入らず自由に時間が使えるとなると日帰りか1泊の旅に出ることがある友人は、どこに行くかを事前に決めることはなく、行き先は「その時の気分で決める」という。名所旧跡や評判の名物料理や飲食店などを事前に調べることはなく、「出たとこ…

先進性とデザイン

1997年に発売された初代プリウスは世界初の量産ハイブリッドカーだ。「21世紀に間に合いました」のキャッチコピーで、「既存のガソリン車と同等の走行性能を保ち、約2倍の低燃費とCO2排出量半減などを実現した」(トヨタHP)ことを宣伝していた。EV普及の勢…

犯罪と国籍

栃木県日光市と長野県松本市、群馬県安中市、福島県南会津町で相次いだ強盗事件で警察は、栃木県の事件の被害者のキャッシュカードで現金を引き出そうとした疑いなどでベトナム国籍の男2人を逮捕した。栃木、長野、群馬の強盗現場近くの防犯カメラに2人が…

させていただく

「〜〜させていただきます」との言い方が増殖しているが、「この言葉を聞くたびにイラッとする」と友人。「国会議員が質疑で、質問させていただきますなどと言っているのを見ると、国会質疑で質問するのは議員の責務であり権利だろうが。権利を行使するのに…

移民と経済成長

米バイデン大統領がアジア系米国人らを招いた資金集めのイベントで、米国の「経済が成長している理由の1つは、移民を受け入れているからだ」とし、「なぜ中国の経済がひどく失速しているのか。なぜ日本は問題を抱えているのか。なぜロシアもインドもそうなの…

エバンジェリカル

今年の選挙で勝利し、大統領に返り咲く可能性があるとされる共和党のトランプ氏は保守層に支持されているとされ、中でも影響力が強いとされるのがキリスト教プロテスタントの福音派(エバンジェリカル=Evangelical)だ。2017年に当時のトランプ大統領がエル…

さくらを詠む

釧路地方気象台が5月3日にエゾヤマザクラの開花を宣言した。1月5日に沖縄県宮古島でヒカンザクラの開花が観測され、3月29日の東京など3月下旬から全国各地でソメイヨシノの開花宣言が相次ぎ、桜前線は北上、4カ月かけて日本列島を縦断、釧路が気象庁…

カスハラが問題化

カスハラ(カスタマー・ハラスメント)が社会問題としてマスメディアに取り上げられることが増え、JR東日本は乗客によるカスハラが行われた場合、客への対応を「いたしません」と対応方針を公表した。社員への身体的・精神的な攻撃や土下座の要求、社員の個…

主人公の暴力

アクション映画では主人公が容赦なくバッタバッタと「敵」を倒すシーンが最高の見せ場となり、主人公が「敵」を殺しまくることも珍しくない。降参した相手に情けをかけて許してやろうとした主人公が、隙をついた相手に突如反撃され、危機一髪のところで相手…

国家を分類

現在の世界では、欧米諸国などの民主主義国と中国やロシアなどの権威主義国の対立が先鋭化し、政治や経済における対立にとどまらず、両勢力の代理戦争が世界各地で始まった。この対立は民主主義体制と権威主義体制(個人や組織が権力を独占的に掌握する体制…

大使館を侵害

エクアドルの首都キトにあるメキシコ大使館に4月5日、エクアドルの警官隊が強行突入し、エクアドルのホルへ・グラス元副大統領を逮捕・拘束した。同氏は汚職疑惑で逮捕状が出されていて亡命を求めて同大使館に逃げ込んでいた。暴徒となったデモ隊が不可侵…

新型コロナと日常

新型コロナウイルスの扱いが昨年5月から5類感染症に変更され、「通常」の病気扱いとなった。政府が感染者や濃厚接触者に外出自粛を求めることはなくなり、感染対策は個人の判断に委ねられ、感染の疑いがある人は特定の病院ではなく多くの病院での受診が可…

菩提を弔う

菩提を弔うとは「死者の冥福を祈って供養を行う」ことだ(菩提は「煩悩を絶って得た無上の悟りの境地。仏果を得て極楽往生すること」で、菩提心は「仏道に入り、真の道を求める心。仏心、情け心」)。冥福は「死後の幸福。後生」で、後生は「仏教でいう死後…

現実離れの施策

新函館北斗駅から函館駅への北海道新幹線の乗り入れは、2030年の北海道新幹線の札幌への延伸開業と同時に実現することを目指しているという。すると、2030年の北海道新幹線の札幌への延伸開業の前に、新函館北斗駅〜函館駅間の三線軌条化の工事などが行われ…

空回りする自治体

北海道新幹線が開業したのは2016年3月。新函館北斗駅は函館市に隣接する北斗市にあり、新幹線の乗客はリレー列車「はこだてライナー」に乗り換えて函館駅に行く(所要時間は快速15分〜普通19分)。札幌への延伸開業が2030年に予定され、新幹線のルートは函…

部分と全体

「東京で雨が降っている」という情報を見た時に、東京都の全体で雨が降っていると思う人もいるだろう。だが、23区で雨が降っていても八王子や立川など西部では雨が降っていなかったり、23区内でも、雨が降っていたり降っていなかったりとバラツキがあるのは…

函館の柱状節理

細長い柱状の六角形や五角形などの岩がびっしりと連なって断崖などを成している観光名所は日本各地にある。天然記念物に指定されている東尋坊は「約1300万年前にマグマが地表近くまで上昇し、地中の中で冷えて」固まり、その過程で五角形や六角形の柱状に形…

終末論は続く

かつて「ノストラダムスの予言」が話題になった。その予言は1999年に人類が滅びるというものだった。予言は「1999年の7の月/天から恐怖の大王が降ってくる/アンゴルモアの大王を蘇らせ/その前後、マルス(火星)は首尾よく支配する」という詩だった(日本…

セルフレジ

セルフレジを導入した量販店が増えているが、セルフレジでタッチパネルを操作して決済方法を選んだりして、一つずつ商品のバーコードをスキャンして代金を支払った客に対して、店側は何らかの割引を提供すべきだと、セルフレジを1年ほど前に初めて体験した…

憲法を制定する権力

プーチン氏がロシア大統領選で圧倒的な得票を得て当選し、通算で5期目の任期を務めることになった(今回の任期は2030年までの6年間)。今回は4人が立候補したが、プーチン政権を厳しく批判するような対立候補は立候補を許されず、選挙前からプーチン氏の…

かつての京島

東京都の東部に位置する京島は首都直下地震が起きると、建物倒壊危険度、火災危険度、総合危険度が高いと判定されている。関東大震災や東京大空襲による焼失を免れた京島では、木造家屋が狭い路地を挟んで軒を連ねており、首都直下地震の強烈な揺れや出火に…

雪国の音

雪が降っている情景の表現に「しんしんと雪が降る」がある。雪が降っているといっても、風が強い中で雪が降り続き、前方が見えにくくなるような吹雪ではなく、ちらちらと雪が舞っているのでもなく、無風か微風の中で雪が静かに降り続けている情景が「しんし…

エネルギーと物質

アインシュタインの特殊相対性理論から導かれた「E=mc²」は、エネルギーと質量の等価式で、相互に変換可能であることを示す。物質からエネルギーを取り出すことは地球上でも原発や核兵器で実際に行われている。太陽のような恒星は核融合反応により膨大な…