望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり

クマの生息数

 札幌市内の住宅地に早朝、クマが現れ、住民や通勤の人ら4人を襲って重軽傷を負わせながら移動し、約8時間後に丘珠空港近くの茂みで猟友会のハンターにより射殺された。このクマは体長が約1.6メートル、体重158キロの5〜6歳のオスだった。札幌市内でのクマの出没は珍しくなく、毎年、ニュースになって警戒が呼びかけられる。だが、市内でクマに襲われて負傷者が出たのは20年ぶりという。

 クマが人里に現れたとの情報は全国で年間2万件ほどあるという。4月頃から増え始め、冬眠前の11月頃までが多い。クマが人里にまで現れるようになった理由を専門家は①過疎化により里山などが荒廃し、クマの行動範囲が拡大、②住宅地の拡大でクマの生息地域と重複、③クマの生息数が増加、④人の怖さを知らない世代のクマが増加、⑤生ゴミや園芸栽培の作物などを狙ってクマが動くーなどを指摘する。

 クマは警戒心が強い臆病な動物なので、例えば住宅地と里山の間にある中間地で除草を徹底して見通しをよくすればクマの行動を抑制でき、住宅地への侵入を防ぐことができるとの見方もあるが、検証データは乏しい。今回のクマは用水路を伝って移動していたとの見方もあり、クマの市街地への侵入経路は多々ありそうだ。

 クマの生息数が増えているから、山から中間地を超えて市街地にまで行動範囲が広がっているとの見方も多い。クマが増えて人の生活空間に入ってくると、人とクマの共生は同じ空間では不可能だから、クマを駆除して人の安全を確保することになる。だが、クマが増えているとは言われるものの、それを示す確かなデータはない。

 ヒグマの生息数を北海道は10600頭プラスマイナス6700頭と推定した(2012年)。少なければ3900頭、多ければ17300頭とプラスマイナスの数字の幅は広く、実態は分からないということだ(従来のモニタリングや調査で蓄積された科学的データを用いたコンピュータシミュレー ションに基づき推定したそうだが、こんな大雑把な数字では実態に即した有効な対策を講じることは難しいだろう)。

 ヒグマの生息数は1990年比で1.8倍に増えたと北海道は推定するが、推定生息数は3900頭〜17300頭と実態は定かでないのだから、1.8という数字の根拠は希薄だ。増えていると関係者は見るが、その実体はぼやけている。なお北海道の推定10600頭の地域別の内訳は、道東・宗谷4200頭、日高山系2800頭、渡島半島1400頭、天塩・増毛1000頭などという。

 クマの生息数が増えていると確かめるには、もっと正確な生息数の調査が必要だ。タンチョウヅルなどでは目視による調査が可能だが、用心深く行動するクマの調査は簡単ではない、だが、ハンターや農業従事者などに聞いた話を元にコンピュータシミュレー ションしたところで大雑把な数字しか出てこない。クマの生息数の実態を把握しなければ対策は空回りする。全国で市街地へのクマの出没件数が増えているのだから、クマによる被害を防ぐとともにクマの過剰な駆除を避けるためには、正確な生息数という基礎データが必要だ。

思いつき宇宙論

 高原に出掛けて満天の星空を見た……というわけではないが、現実から離れて、思いつきの宇宙論をメモしておく。



 我々が属している太陽系を含む宇宙があるが、この我々の宇宙の外にも、何次元かは知らないが、果てしがない空間があり、そこに、いくつもの宇宙があるのではないか。新しく誕生する宇宙もあれば、消滅して行く宇宙もある。果てしがない空間に多くの宇宙が漂っている。



 そんなことを考えたのは、ビッグバン以前のことが想像できないからだ。我々の宇宙の始まりはビッグバンで、その後は膨張を続けているというが、ビッグバン以前は無から有が産まれたのだとする。ビッグバンから全てが始まったとすると、無から有が産まれたとする以外になくなる。



 我々の宇宙も、果てしがない空間に存在する一つの宇宙だと考えれば、ビッグバン以前の説明ができる。果てしがない空間に多くの宇宙があり、その宇宙の間で、物質のやり取りが行われているとする。ある宇宙に「破れ」が生じ、そこから、その宇宙の物質が漏れ出る。漏れ出た物質は、新しく宇宙を形成する。それがビッグバンだという考えはどうか。イメージとしては、重力のない水中に油の塊がいくつも浮かび、一つの塊から漏れ出た油は新しい塊を形成する、というもの。



 ある宇宙から物質が漏れ出る「破れ」とは、ブラックホールを想定するのが分かりやすい。ブラックホールでは巨大な圧力で物質が圧縮され、破壊が進み、ついには素粒子レベルで粉々になっても圧縮が進み、その宇宙での物質としての存在が「破綻」した時に、その宇宙に「破れ」が生じ、その宇宙から漏れ出る。漏れ出た物質は、果てしがない空間で新たなビッグバンを始め、新たに物質の形成を始め、そこに新たな宇宙が形成される。



 例えば、2次元のグラフでX軸とY軸で区切られた平面を一つの宇宙と見なすと、四つの宇宙ができる。ブラックホールで物質が圧縮されるということは原点(X軸とY軸の交点)に近づいて行くことであり、とうとう原点に到達した時が、ブラックホールの中で物質として「破綻」した時。「破綻」すると物質は原点を通って、ほかの平面(宇宙)に出て、そこで新たなビッグバンを始める。



 こんなことを考えていると、人の一生は何と短く、何と小さなことに振り回されてばかりかと思える。まあ、そんな一生が人間にはふさわしいのかもしれないが。






ビジネスチャンス


 一般人の困った人の中には、何かモメると「オレは○×組の×○を知ってるんだぞ」などと言い始めるヤツがいる。虎の威を借るネズミの類いだが、こんな台詞をタレントが日常で言うことはできない。脅すつもりで言ったつもりが、逆に相手に弱みを握られることにもなりかねない。



 互いに利用し合ってきた長い歴史があるだけに、芸能界と暴力団の関係清算は簡単にはいかないが、暴力団は排除するという社会の建前がある以上は、芸能界・タレントは「身ぎれい」を装わなくてはならなくなった。だからといって、タレントが揉め事に巻き込まれなくなったわけではない。

 バクチもやらず女にも手を出さず品行方正・安全第一で生活し、テレビなどでも無難なことだけを言い、いつも微笑んでいるだけのタレントが人気者になることは難しい。一般人とは異なる才を見せてこそタレントは人気者となり、露出が多くなって、いきおい揉め事のタネにも事欠かないこともあろう。



 暴力団関係者との交友が知られて引退し、一般人になったというタレントは、芸能界・タレントと暴力団との微妙な位置関係を知り、「適切」な距離の取り方が必要だということを痛感しただろう。引退後の身の振り方について、今回の経験を生かさないテはない。



 世に盗人の種がつきないように、芸能界にも表沙汰にできないトラブルの種はつきまじ……「需要」は確実に存在するのだから、ビジネスチャンスだ。引退したタレントはその芸能界での広い人脈を生かし、トラブル処理を引き受けるのだ。警察には目を付けられるだろうから、弁護士を雇って法律事務所を設立し、法に抵触しないように細心の注意を払う。



 表立って処理できない芸能人のトラブル案件は、引退したタレントが窓口となり、何人もの一般人を経由して暴力団関係者に話をつなぐ。引退したタレントはもちろん、処理を依頼した芸能人も暴力団関係者と直接接触しないので、「セーフ」だ。マスコミが嗅ぎ付けたなら、そこは法律事務所なのだから、あらゆる法的手段を講じる。タレント引退でもう一般人なのだろうから、マスコミにも遠慮はいらない。設立する法律事務所に、大物の警察OBを入れておけば鉄壁だな。



「集中」から「分散」へ

 東日本大震災震度5強だった東京では公共交通がマヒし、大量の帰宅困難者で混乱したが、建物などで大きな被害はなかった。政府の機能に支障は生じず、被災地支援の体制を徐々に構築することができた。しかし、東京が関東大震災のような直下型地震の被災地になった場合、政府が機能不全に陥る懸念がある。その時、日本全国の東京以外の地域は独自の判断で、どれだけ動くことができるだろうか。



 東京への一極集中の脆弱性が大震災以降、表立って指摘されるようになったが、一極集中は中央集権と同義であるためか、政治や行政は、東京への一極集中の是正に速やかに動こうとはしない。問題を先送りしているうちに、自然と問題が解消して行くなら幸運だが……幸運は滅多に訪れない。そして、いつか「その日」が来る。



 大地震などで東京にある政府が機能不全に陥った時には、おそらく大阪、名古屋などの大都市が支援の「音頭取り」を担うことになるのだろう。緊急の被災地(東京)支援体制としては妥当だろうが、東京(政府)の機能不全は長引こうから全国各地の地域も暫く自力で生き延びるしかない。東京への一極集中の脆弱性を是正しなかったツケを、全国で払うともいえる。



 他方では、東京の政府が主導する日本経済が停滞を続けている。失われた20年などとも言われるが、さらに日本の人口減少による今後の経済停滞が懸念されている。地方では、人口減少、高齢化による経済停滞が現実のものとなっていて、東京の政府による地方への再分配への依存は高まるばかり。今の東京頼みでは、地方の経済活性化は難しいだろう。



 東京への一極集中を是正することは、多重構造の「折れにくい」日本を構築することでもある。東京(政府)が、進んで一極集中是正に動かず、簡単には権限を手放さないだろう現状では、地方が「without 東京」でも生き延びるためには、自力で活路を見いだすしかない。「指示待ち」意識から抜け出た地方だけが生き延びるのかもしれない。



 東京への一極集中の是正は進まないだろうが、地方経済の活性化は地方が担うことができる。いや、地方が自力で動くことでしか、地方経済の活性化はできない。中央政府からすれば、特定の地方の経済だけを活性化させる施策はできまいから。



 「集中」から「分散」へ……首都圏の経済だけが活性化する状況から、日本各地に活性化した経済が存在する状況になれば、大地震などに強い日本列島になり、「打たれ強い」日本、「ねばり腰」の日本経済にもなろう。東京には多くを頼ることはできないと見極め、地方がどれだけ自力で活性化できるか、「東京なし」でも、やって行ける経済を地方が築くことが、東京を襲う大地震への備えにもなる。



中国の挑戦

 G7サミット(主要7カ国首脳会議)は共同宣言で、中国に「特に新疆との関係における人権及び基本的自由の尊重」を求め、さらに「英中共同声明及び香港基本法に明記された香港における人権、自由及び高度の自治の尊重を求める」とした。経済面では中国が「世界経済の公正で透明性のある作用を損なう非市場主義政策及び慣行という課題」だとした。

 さらに共同声明は「台湾海峡の平和及び安定の重要性を強調し、両岸問題の平和的な解決を促す」とし、「東シナ海及び南シナ海の状況を引き続き深刻に懸念しており、現状を変更し、緊張を高めるいかなる一方的な試みにも強く反対する」と武力による拡張主義的な行動を続ける中国を牽制した。

 また、パンデミックは世界的な「経済上の強靭性に対するリスクを例証した」とし、「重要鉱物資源及び半導体のような分野で、極めて重要な世界的なサプライチェーンの強靭性に係るリスクに対処するためのメカニズムを検討」するとした。「全ての人に対する開放性に関して強靭であり、開かれた市場、透明性及び競争という我々の共通の原則を保つに際してのリスクに対処可能であることを確保」すると、中国などに対する警戒感を確認した。

 続いてNATO北大西洋条約機構)も共同声明で、「権威主義的な政権との争いに直面している」と中国に対する警戒感を鮮明にした。「中国の強引な振る舞いは国際秩序への挑戦だ」とし、「中国の影響力拡大と国際政策は、我々が同盟機構として対処する必要のある課題を突き付けうる」としてNATO加盟国は「NATOの安全保障上の利益を守ることを目的に中国と関与していく」と表明した。

 共同声明は中国をロシアと並ぶ脅威とし、急速な核兵器増強に加え、サイバー空間や宇宙での活動などを指摘した上で、「中国の野心的で強引な振る舞いはルールに基づく国際秩序と米欧の安保にとって体制上の挑戦」とし、「国際的な公約を守る」よう中国側に要請した。事務総長は中国に関してNATOは「共同で対応する必要がある」とした。

 G7もNATOも欧米主導であり、欧米主導の国際秩序を維持し、世界「標準」にするための有力な枠組みであり組織だ。揃って中国を脅威とする認識をあからさまに示したのは、欧米主導の国際秩序に対する中国の挑戦が効果を上げているためだ。欧米は中国との経済的な結びつきが強いため、封じ込めは欧米にもダメージを与えるので選択できず、中国に強いメッセージを送って「自重」を求めた。

 だが中国はG7もNATOも中国と同格と見なしているだろうし、中国主導の国際秩序の形成がおぼろげながら現実味を持ち始めたとあっては「自重」するはずもなく、強く反発するだけだ。基本的に、欧米主導の国際秩序は「力」によって形成されたものだから中国が同じことを試みるのは自然でもある。だが、欧米主導の国際秩序が崩れた時に国家間による「力による争い」が現れるとすると、これからの21世紀は大混乱が待っている。





家庭のストレステスト


 福島第一原発が重大な事故を起こした後に原発のストレステストが行われた。さぞかし厳しいストレス(負荷)をかけてチェックが行われているんだろうと受け止められたようだが、ストレスがくっついてもテストはテストなんだから、負荷や合格ラインの設定次第で、いくらでも、厳しくも甘くもできる。



 ストレステストはどういうものか、家庭を例にやってみよう。4人家族で、夫はサラリーマン、妻は専業主婦、2人の子供は小学生で、持ち家のローンを抱え、妻はパートで働くことを考えているとする。そんな家庭に、様々なストレスが降り掛かってきたと想定してみる。そうした場合に、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 負荷1)夫の勤務する会社が経営不信で、ボーナスはカットとなり、残業手当もつかなくなり、収入が大幅に減った場合ーー出費を抑え、家計を切り詰め、妻がパートに出ることが対応策の主なものだとして、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 負荷2)会社が大幅なリストラを始め、夫が対象となって解雇された場合ーー夫が再就職できない時には、無収入状況が続く。家計を切り詰め、妻がパートを始めたとして、それまでの蓄えと妻のパート収入だけで、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 負荷3)解雇された夫にガンが見つかり、入院・手術して、長期間働くことができない場合ーーガン保険等に加入していなかったので、家計を切り詰め、妻がパートを始めたが、夫の入院・加療費支出などの支出を余儀なくされ、蓄えは減るばかりになった時に、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 負荷4)解雇された夫にガンが見つかり、入院・手術して、長期間働くことができず、妻も病弱でパートに出ることができない場合ーー家計を切り詰めて、それまでの蓄えだけで、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 負荷5)解雇された夫が多額の借金を抱えており、解雇とともに取り立てが厳しくなり、持ち家を売却して借金を返したが、ローンはまだ残った場合ーー愛想をつかさずに妻はパートに出て、家計を切り詰めたとして、どれだけ家庭を維持して行けるか。



 ストレステストは、負荷の設定次第で、どのような結論でも導き出すことができる





地球規模で活動期?


 東日本大震災は、日本列島が乗っているプレートが、北西へと動き続けている太平洋プレートに押されて、その圧力で日本海溝付近で歪みが溜まり、プレートが壊れたり、動いたりしたため起こったとメディアで解説していた。日本列島付近は複数のプレートがぶつかり合っている場所で、世界の地震の2割を占めるほど地震が多発するのは、そのためだ。



 大きな地震が起きるたびにプレートテクトニクスの解説を目にする。ただ日本列島付近の図しか示されないことが多いので、地球全体の地殻が動き続けているということを忘れがちだ。地球表面には十数枚のプレートがあり、それぞれが移動しているので、押し合ったり、隣のプレートの下に沈み込んだりしている。



 プレートが動くのは、地下から継続してマグマが湧き出して新たなプレートを誕生させているからだ。大西洋の中央海底には北から南まで続く「割れ目」(中央海嶺)があり、プレートが生み出されている。そのため海底は広がり、大西洋は今も拡大を続けている。もともと地続きだったアフリカ大陸と南アメリカ大陸は約2億年前に分離を始め、分離したところに海水が流れ込み、大西洋が誕生した。



 太平洋でいうと、南アメリカの西方海底からオーストラリアの南を通り、インド洋で2つに別れ、北側はアフリカの紅海まで続き、南側はアフリカの南を通って大西洋の中央海嶺につながる「割れ目」があり、新しいプレートを生み出している。そため、太平洋プレートは北西に圧力を受け、オーストラリアもインドも北向きの圧力を受けて、動き続けている。



 日本は、日本海溝から千島海溝にかけて太平洋プレートから北西向きの圧力を受け、関東・中部ではフィリピンプレートから北向きの圧力を受け、新潟から中国、四国北部、九州北部が乗るユーラシアプレートは東南向きに動き、北海道から東日本が乗る北米プレートは西向きに動き、中部日本から四国、九州南部が乗る南海マイクロプレートは圧迫されている。地震が多いはずだ。



 気がかりなのは、中央海嶺のマグマの湧き出しが活発化している懸念があること。大西洋や太平洋南部、インド洋南部などの「割れ目」で新たなプレートが従来より多く生み出され始めると、プレートを押す圧力が高まり、やがて、プレートの先端で地球内部へ沈み込む地点(海溝など)の歪みが増大して、大きな地震が多発したり、火山活動が活発化する。スマトラも海溝が近くにあり、三陸も海溝が近い。



 マグマの湧き出しが活発化しているかどうかを判断するには、詳しい観測結果を待たなければならないが、もし活発化しているとなると、地球規模で地殻変動の活動期に入っていると見るべきだろう。