望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり





C級グルメ

 

 B級グルメというと、街中の飲食店で食べることができる、安くて美味しい料理をさす言葉として定着した。高級なレストランや割烹などで出される料理をA級グルメとし、それより安いのでB級としたが、美味しい日常食として肯定的に評価した言葉なので、料理への親近感もあって、広く受け入れられたのだろう。



 似た言葉に「B級ご当地グルメ」がある。こちらはB-1グランプリを開催し、富士宮やきそば厚木シロコロ・ホルモン横手やきそば甲府とりもつ煮、ひるぜん焼そば、黒石つゆやきそば、八戸せんべい汁、北見塩やきそば、津山ホルモンうどんなど、多くの地方の名物料理が全国的に知られる切っ掛けを作った。



 ただ、主催団体はB-1グランプリを、料理を通じて「地域をPRする」ことで、多くの人に現地に足を運んでもらおうという、地域活性化を目的とした「まちおこしイベント」とし、料理の味の日本一を決めるイベントではなく、料理=B級ご当地グルメの味を含めた、まちおこし活動の日本一を競うイベントとしている。



 富士宮やきそばが有名になって、富士宮を訪れる人が増えたが、これらが成功例だろう。どこの町にもおそらく、美味しい焼そばを食べることができる飲食店はあろうが、富士宮やきそば富士宮へ行かなければ食べることができない。前者がB級グルメで、後者がB級ご当地グルメというわけだ。



 別の言い方をすると、B級ご当地グルメは地元のまちおこし団体が指定するものだが、B級グルメは個人が勝手に決めていいものだ。それぞれが住んでいる地域で、ラーメンなら@@、焼そばは@@、ソバなら@@、チャーハンは@@、カツ丼なら@@といったように贔屓の店があろう。それが、その人のB級グルメになる。



 そうなるとC級グルメもあっていい。B級よりも安くて美味しいものとなると、駅などの立ち食いソバを思いつくが、これはB級に入りそう。お祭りの屋台で買い食いするタコ焼きやお好み焼きなどはチープ感がいいが、お祭り限定なので日常食とはいえない。とするとC級は、市販されている加工食品か。



 代表的なのはインスタントラーメン。カップにしろ袋にしろ、新製品が出るとかかさず買って味見する人がいるというが、確かに新製品には興味をそそられる。そうなるとC級グルメは忙しい。加工食品は分野が広くて品数が多すぎるし、新製品も多すぎる。C級グルメ通になる近道は、麺とかデザート、缶詰、瓶詰め、レトルトなどと「守備範囲」を絞って攻略することか。



機動的な対応に失敗

 まん防とは「まん延防止等重点措置」の略称である。これは「地域の感染状況に応じて、期間・区域、業態を絞った措置を機動的に実施できる仕組み」(内閣官房HP)で、「集中的な対策により、地域的に感染を抑え込み、府県全域への感染拡大を防ぎ、更に全国的かつ急速なまん延を防ぐ」ことが目的という。

 まん防は緊急事態宣言の前段階として新たに設定されたものだが、都道府県など自治体が地域の感染状況に応じて自由に発令できるものではなく、要請に応じて国が実施を決める。「機動的に実施」するなら全国の市町村がそれぞれの感染状況に応じて発令や解除を適時行うほうが効果的だろうが、政府は規制の権限を手放さない。

 全国各地で以前の緊急事態宣言の発令時と同様の感染状況に悪化してから、まん防の適用を政府は決めた。まん防の適用は緊急事態宣言レベルより感染状況が軽度の場合のはずだが、感染状況は緊急事態宣言にふさわしいレベル。まん防と緊急事態宣言の発令基準の違いは微妙で、政府や官僚の裁量権が増しただけとも見える。

 まん防は、緊急事態宣言の発令時のような経済活動へのダメージを少しでも軽減するために設定されたものだが、政府がもたもたして感染状況の悪化を後追いしているだけとなっては、まん防の存在の意味が薄れる。まん防という新たな基準の設定は混乱を増やしただけで、緊急事態宣言との違いを人々は実感できないだろう。

 まん防は、政治が出すメッセージとしては失敗例だ。緊急事態宣言の前段階として人々に警戒心を高めるように促すはずのシグナルが、状況認識の複雑化をもたらし、より混乱を招くだけとなった。まん防のような人々に理解されない政治メッセージでは効果は限られ、感染拡大防止の効果は期待できない。

 新型コロナウイルスに対する警戒シグナルは都道府県独自のものもあり、感染状況や医療逼迫状況に合わせて、それぞれ数段階に分かれる。各都道府県が独自に設定するので名称も各段階の基準もばらつきがあり、ぱっと見ただけでは理解しにくい。人々が全国を自由に移動する現在、政府は各都道府県の基準に共通性を持たせて、人々の警戒心を高め、行動変容を促す方向へ導くべきだろうに、まん防という新たな基準を政府が設定し、混乱を増やしている。

 政府や官僚は感染拡大を裁量権の拡大にうまく使った。都道府県が独自に警戒シグナルを発するより政府に判断を一本化したほうが感染拡大を効果的に抑制できるなら喜ばしいが、実際は政府や官僚は機動的な対応に失敗し、各地での感染拡大をもたもたしながら後追いしているだけだ。感染拡大の波はこれからも次々と続くことを覚悟した方がよさそうだ。

善悪の「基準」

 全能で唯一の神が存在し、最後の審判があるとした場合、その神は最後の審判で、どのような基準で人間を裁くのだろうか。その基準を人間は知ることができるのだろうか。



 全能の神が創造したという人間世界で、人間は相互に争い、時には殺し合う。大規模な自然災害でも、多くの人間が死ぬ。全能の神がいるなら、人間世界で起きている悲惨な死は、神の意思の現れか、または、神は人間世界や人間の死に無関心だと考えるしかない(無関心には、神は、人間世界のことは人間に任せているとの解釈も含む)。



 現実の人間世界において、人間が人間を裁く場合には、法や倫理観、習慣・習俗などが判断の基準とされるが、それらは社会や地域などにより相違があることが多い。社会や地域に関係なく、人間一般に通用する善悪の基準は曖昧だ。例えば、殺人を絶対悪として禁止する社会は多いが、特別な事情がある場合には容認する社会もある。

 神が最後の審判で人間を裁く時に、人間世界の様々な基準を適用するとしたなら、それは神の裁きではなく、人間世界の裁きでしかない。最後の審判が特別視されるのは、人間には窺い知ることができない神の意思が、そこで示されるからだろう。社会や地域により相違がある人間世界の基準ではなく、絶対的な何かが神の意思として示されなければならない。それでこそ全能で唯一の神といえる。

 こんなことを考えたのは、最後の審判で神はヒトラーに、どのような審判を下すのだろうかと疑問になったからだ。ヒトラーを持ち出したのは、最悪の罪を犯した人間と想定してのこと。だが、その罪は人間世界での罪であって、神が裁く場合には、罪の概念には神の基準が適用されるはずだ。人間世界の基準で裁くなら、人間世界での大量殺人に「無関心」な神の責任も問われかねない。



 最後の審判で神が裁く人間の罪とは何だろうか。神を信じなかったり、異なる宗教を信じたりすることは罪にはならないだろう。人間をも創造した全能の神が、自らへの信仰心を人間に植え込んでおかずに、様々な人間の口を通して「神を信じよ」などと熱心に説くという状況は、全能の神が人間を創造する時にヘマをしたという証しになるからだ。



 最後の審判で神はヒトラーを「有罪」にするのか「無罪」にするのか。人間世界の基準で裁くだけなら、わざわざ神に裁いてもらう必要はない。結論は「有罪」と出ている。かといって、人間世界でのみ生きる人間が犯した罪を、人間世界での基準ではなく、未知の神の基準で裁かれたとするなら、納得できない人間も出て来よう。



 神が裁く罪とは何か、人間には窺い知ることができないままで、最後の審判に人間がかけられるというのは過酷だ。善悪の神の基準が分からないままでは、人間は「善人」になる努力もできないのだから。

ラジオ体操

 ラジオ体操というと、子供の頃の運動会や夏休みの朝を思い出す人が多いだろう。でも多くの人にとってラジオ体操は、大人になるとともに縁遠くなる存在だ(工場などでは、始業前などに皆で行うところも珍しくないが)。そのラジオ体操が、実はダイエットに効果的だと説く本が売れ、見直されているという。



 ネットで検索すると、「全身に偏りなく、どの部分の筋肉にもアプローチするところがラジオ体操の見事な部分」とか「ラジオ体操を行うことで肩こりや腰痛が改善したり、くびれやヒップアップなど美しいボディラインづくりにも役に立つ」「ラジオ体操は有酸素運動として大変優れた効果をもたらす。消費カロリーは速いペースのウォーキングとほぼ同じ。普通のスピードで行うサイクリングや平均的な歩行、野球の野手より消費カロリーは高い」などの言葉を見つけることができる。



 ダイエットや健康増進に関しては次から次と「新方式」が現れ、もてはやされては消えて行く。ラジオ体操は新方式ではないが、ダイエット・健康増進という新たな評価尺度で見直された。ハードなトレーニングではないラジオ体操は、多くの人が子供の頃に覚えているから、取り組みやすい。おまけに、ジムなどに通うのに比べて、費用はかからず、自宅でいつでもできる手軽さがある。それで実際に効果があるとすれば、最強のダイエット方法かも。



 放送時のラジオ体操は、ピアノの伴奏に「腕を前から上に上げて、大きく背伸びの運動から」「手足の運動」などと指導するナレーションがかぶさる。子供の頃に覚えているから、放送を聞いていても曲に合わせて手足の動きを連想するが、ピアノ伴奏をじっくり聞くと、なかなかいい味だ。作曲は服部正氏(第1)。



 日本で最も聴かれているピアノソロ曲ともいえるラジオ体操。テンポがよく、4小節単位で次々と展開していき、ピアノの響きが明るく、バラエティー豊かだ。この曲をベースに膨らませれば、長大な楽曲にもできそうな気もするが……でも聴衆の多くはラジオ体操を知っているから、音楽としての“自立”は難しいかな。



 ラジオ体操の放送では、指導する人が、展開に合わせて「1、2、3、4」と号令をかけたり、タイミングよく「腕を振って、体をねじって」「大きく体を反らして」などと言葉を挟む。決まった台詞があるようだけれど、人によって微妙に違っていたり、声の調子が様々だったりする。以前に聞いた女性の指導員はハイテンションで、妙におかしかった。指導する人によってラジオ体操の印象はけっこう変わるもんだ。



 例えば、高倉健が指導するラジオ体操はきっとボソボソ口調ながらも皆の動きにケジメがつき、渥美清の寅さんでは歯切れがいい体操になりそう。石原慎太郎では命令口調で「俺に従え」といった調子で皆は緊張し、桃井かおりでは、やりたくなければ、やめれば?といった調子で皆がダレて、石破茂では、ねちっこく細かい指示を皆、聞き流しながら体操するのかな。

中国人の愛国主義

 愛することは普遍的な行為で人類が共有するものだが、誰を愛するか何を愛するかは個人の選択に任される個別的なものだ。愛するという普遍的な行為は、現れる時には個別的で特殊なものとなり、それは多彩で様々な形態や展開となる。もちろん、ある個人を複数の人が同時に愛することは珍しくないだろうし、例えば、ビートルズの音楽を愛する人は多数いるだろうから、共有する愛も存在する。

 共有する愛の一つに祖国愛がある。それはかならずしも国家に対するものではなく、郷土愛と未分化であることも珍しくないが、近代国家においては国家を愛することを国家が主導し、奨励し、強制し、祖国愛と愛国主義が同一のものとされたりする。素朴な郷土愛の対象は人々が生まれ育った風土だろうが、そこに国家が重ねられ、愛国主義が自然なものであるように演出される。

 国家を愛するという人々は、郷土や風土を除くと、何を愛しているのだろうか。政府や体制に対する熱烈な支持がしばしば愛国主義の具体的行動として現れる。政府や体制を支持することは政治意識に促される行為であり、政府や体制は本来、感情が大活躍する「愛する」対象にはふさわしくない(だが、政府や体制を愛することは禁じられてはいない)。

 人は愛する対象との距離を縮めようとする。政府や体制を愛する人々は国家に対する帰属意識を、政府や体制との距離を縮め、一体になると感じることで満足させているのかもしれない。そうした一体感は、権力に関与しない人々には実態を伴わない「片想い」でしかないのだが、政府や体制との一体感は自己肯定感にもつながるから心地よさを実感することはできよう。

 愛は盲目とも言う。対象を肯定的にだけ見ることで可能になり、持続する愛なら、愛する対象に対する批判精神は抑制される。対象を愛しつつ批判もすることは可能だが、それは誰にでも、いつでも可能であるとは限らない。政府や体制を愛するという愛国主義の欠陥は、人々から常に批判されなければ「腐りやすい」政府や体制に対して盲目になることだ。

 愛国主義という国家に対する愛は個人が感じるものだが、しばしば集団的な行動となって現れる。国家に対する帰属意識愛国主義を支えているのなら、個人より国家を上位に置く集団主義との親和性は高い。個人があって集団があるのではなく、集団があって個人があるという集団主義は、同調しない個人や組織などを攻撃し、自由な言動を制約するなど排他性を帯びる。

 愛は対象を縛ることがある。愛するに値するように対象は常に立派でなければならないと求め、対象の自由を縛る。国家が煽る愛国主義は同調する人々が増えるにつれて、その愛国主義から逸脱する行動を制限する人々の圧力が増し、かくして国家も人々も愛国主義を抜け出せなくなる。国内で愛国主義を煽る中国共産党もその愛国主義に縛られ、内外政治における自由裁量の枠が狭まっている。人々が強く愛国主義に駆り立てられるほどに、その愛に値する政府や体制であり続けなければならなくなる。

決定した未来?

 2012年版「高齢社会白書」によると、日本の総人口は1億2780万人(2011年10月1日現在)で、65歳以上の高齢者人口は過去最高の2975万人(男性は1268万人、女性は1707万人)。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は23.3%となる。うち75歳以上人口は1471万人で、総人口に占める割合は11.5%。

 日本は今後、総人口が減少するなかで高齢化率は上昇し、団塊の世代が65歳以上となる2015年には高齢者人口は3395万人となり、その後も増加を続け、2042年以降は、高齢者人口が減少に転じるが総人口も減少するので高齢化率は上昇する見通しだ。2060年には高齢化率は39.9%になり、2.5人に1人が65歳以上となり、2060年には75歳以上人口が総人口の26.9%となり、4人に1人が75歳以上になるかもしれない。

 こうした将来予想はあくまで直近のデータに基づき、現在進行中の変化が今後も続くと仮定して計算したものだ。だから、戦争が起きて戦死する若者が増え総人口が減少すれば、高齢化率は一気に高まろうし、子供を育てやすい社会になって出生数が増えたり、日本が移民受け入れに積極的になって移民が増えて総人口が増えれば、高齢化率は低下しよう。

 つまり、日本が高齢化率の高い社会になるということは「決定」した未来ではない。日本人が、そうした社会になることを望まず、高齢者を大事にしつつも、若い人や働き盛りの人が多い社会であることを望むなら、変えることは可能だ。

 日本でも世界でも、もっともらしい数字をあげて「20XX年には、こうなる」と示す各種の将来予測が溢れているが、そうした予測に示された将来像に対する反応は二つに分かれる。将来像を受け入れて対応策を考えるケースと、予測されたような将来像が実現しないように対策をとるケースだ。

 前者は経済関係で多く、「ネット通販は20XX年には20兆円市場になる」との予測に企業がネット通販参入を決断したりする。後者は将来像を不都合なものと見る場合で、「このままでは20XX年には国の借金がGDPを上回る」とされると緊縮策を講じたりする。

 高齢化率が高い社会になるという将来予測は、日本衰退論と関係づけて語られることが多いので、「不都合な真実」と見なされているようだ。ならば、どんな対策を講じるのがいいのか議論すべきだが、高齢化を言い立てるばかりに見える(移民の件があるから、腰が引けているのかもしれないが)。超高齢化という将来像を受け入れるのかどうかの社会的判断さえ確立されてないのだから、議論の先は遠そうだ。

マネジメントの違い

 

 アメリカとイタリア、日本でそれぞれマネジメント講習を受けたというデザイナーの奥山清行さんによると、管理職がミスした場合、アメリカでは「ミスを訂正してもいいが、謝るな」と教え、イタリアでは「訂正するな。謝るな」と教え、日本では「訂正して、謝ってもいい」と教えられたという。



 王や貴族が統治階級として君臨していた歴史を持つ欧州では管理職は“君臨”すべきものとされ、世界各地からの移民が集まって建国したアメリカでは、実務的にミスは訂正するものの管理職は特別な存在とされる。それに対して日本では、管理職と一般社員との距離が欧米ほど隔たってはいないので、管理職は特別な抜きん出た存在ではないと見なされているのかもしれない。



 ミスを訂正して、謝った管理職は日本では、むやみに偉ぶる傲慢な人ではなく、「キチンとした人だ」と一般社員から好感を持たれるかもしれないが、欧米では逆だろう。ミスをした管理職は評価を下げ、ミスの度合いによってはクビになるだけ。謝った管理職に一般社員が、「正直な人間だ」などと仲間意識の延長で好感を持つことはまれか。



 欧米の管理職が社員食堂で一般社員に混じって食事をすることはないというが、日本では珍しくない。オフィスも日本では大部屋式が多く、皆がデスクを並べて仕事をし、個室を与えられるのは役員クラスからが多いようだが、欧米では部長級以上は個室を与えられ、ポジションに応じて個室の広さ、豪華さなどが変わってくるとか。



 求められる管理職像が欧米と日本では異なるが、求められる一般社員像も異なっている。決められた仕事をこなすことを社員に要求する欧米流と、決められた仕事以外にカイゼンのアイデアを出せなどと要求する日本流。日本流のほうは社員に“期待”しているともいえようが、見方を変えると、社員の発言力が養成されることを容認している。



 欧米流のビジネススタイルがアジアなど世界に広がっている中へ、日本企業が日本流を持ち込めば、どうなるか。“君臨”したり、特別な存在である管理職がおらず、社員を“対等”に扱う日本流が、例えば、中国では裏目に出ているという見方がある。対立点が表面化しない間は順調だが、賃上げなどの待遇改善要求や政治問題が絡むと日本流のマネジメントでは抑えがきかなくなるという。



 管理職像が異なるのは文化的背景の違いによるものだろうし、どちらかが間違っているとはいえない。リーダーが引っ張る「多民族」的カラーと、合意形成が欠かせない「単一民族」的カラーの違いが企業文化にも反映しているのだろうが、合議による合意形成によって動く日本企業は、意思決定が遅いと批判されるようになった。決断する管理職は、ミスしたなら去るだけ……か。欧米流の管理職像が日本で広まるには時間がかかりそうだ。