望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり

新型コロナと日常

 新型コロナウイルスの扱いが昨年5月から5類感染症に変更され、「通常」の病気扱いとなった。政府が感染者や濃厚接触者に外出自粛を求めることはなくなり、感染対策は個人の判断に委ねられ、感染の疑いがある人は特定の病院ではなく多くの病院での受診が可能になった(医療費は自己負担)。ワクチンの無料接種は終了し、自己負担となった。

 街中ではマスク着用者はいるものの、マスクを着用しない人が大幅に増え、飲食店などには賑わいが戻り、長い自粛期間の閉塞感の反動か国内での旅行需要が活発となり、海外からの観光客も加えて各地の観光名所は大混雑となっている。海外クルーズ船の日本寄港も新型コロナ流行以前に戻り、すっかり新型コロナ前の日常を回復した様相だ。

 新型コロナの感染は続いているが、インフルエンザの流行状況のほうが大きく報じられる。厚労省は毎週、新型コロナの発生状況を公表していて、最新の状況(4月1~ 7日)は、1医療機関当たり平均患者数は4.26人で9週連続で減少だ。10人を超えたのは秋田県で、青森県宮城県秋田県が8人台と北東北で感染者が多い。一方、東京都、広島県山口県愛媛県高知県、福岡県、熊本県が2人台と西日本で感染者が少ない県が目立つ。

 ただし、この感染状況は医療機関を受診した人数なので、現在は症状があっても受診しない人が少なからず存在する可能性があり、実際の感染状況をどれだけ正確に反映しているのかは不明で、大まかな傾向を表すものだ。なお、最新(4月1~ 7日)の入院患者数は1790人で、60歳以上が8割以上を占めるが、ICU入室や人工呼吸器の利用は全体の7%弱。

 新型コロナの流行で世界でも日本でも多数の死者を出した。未知の病気に怯えた当時の人々は世界各国で政府の厳しい対策に従ったが、経済活動が縮小し、多くの人々が離職を余儀なくされた。外出自粛が呼びかけられる中で医療従事者や介護福祉士、保育士、教職員、物流業者、清掃員、小売などの販売員、公共交通や電気・水道など生活インフラの従業員、ゴミ収集作業者、農業・漁業などの従事者、金融機関の職員などエッセンシャルワーカーとされる人々が社会を支えていると見直され、外出自粛の中で業務に精励する人々への賞賛の声さえ上がった。

 その一方、需要が激減したバスやタクシー、ホテルなど宿泊関連では人員削減が広がり、新型コロナ前の日常に戻ってみると運転手不足や人員募集難などが顕在化し、新型コロナ後遺症は尾を引いている。真っ先に人員整理の対象になった人々が、新型コロナ前の日常に戻ったからといって、以前の職業に戻ることを歓迎する気にはならないだろう。新型コロナは人々の心情を変化させ、社会の変化を促した。

 新型コロナは世界で、日常が実は不安定な状態にあることを可視化した。今日と同じ穏やかな明日があることを当然だと人々は思っていただろうが、新型コロナは日常がいつでも非日常に転換することを示した。日本などの人々は地震により穏やかな日常が簡単に失われることを知っているだろうが、ロシアのウクライナ侵攻やイスラエルのガザ侵攻など地域紛争によっても膨大な人々が穏やかな日常から非日常に放り出された。新型コロナは、平穏な世界でも日常と非日常が紙一重であることを知らしめた。

菩提を弔う

 菩提を弔うとは「死者の冥福を祈って供養を行う」ことだ(菩提は「煩悩を絶って得た無上の悟りの境地。仏果を得て極楽往生すること」で、菩提心は「仏道に入り、真の道を求める心。仏心、情け心」)。冥福は「死後の幸福。後生」で、後生は「仏教でいう死後に生まれる世界。来世」だ。弔うとは「人の死を悲しみ悼む。死者の霊を慰めるために法事を営む」。

 供養とは「仏前や死者の霊前に有形・無形の物を備え、加護を願い冥福を祈るための祭事を行うこと」で、法要を行ったり、香華や飲食などの供物を捧げたり、仏壇に花を供え、線香をあげて手を合わせたり、お墓参りすることなどが具体的な行動となる。これらの言葉は仏教に由来するものだが、もう日本では宗教用語としてではなく、一般化した風習として受け継がれているようだ。

 死後に来世があると考えないのなら、死者の冥福を祈る行為は無意味だと考えるだろうし、さまざまな供養を行うことも無意味になる。死後に来世があると考えないなら仏教の全ての行事が無意味と見えようが、そう考える人の多くもおそらく、死者を送る日本の風習だと思って供養を行い、菩提を弔う行事に参加している。そこでは供養の様式よりも死者を弔う気持ちが優先する。

 葬式や法要の様式は仏教でも宗派によって異なる。様式は人間が考え、受け継がれてきたものだから宗派が異なれば異なる儀式が発案され、それがその流派の正式な作法となった。葬儀や法要の様式はブッダが決めたものではなく、国により宗派により異なる形態となる。共通するのは葬儀や法要は、生きている人々が亡くなった人を弔うためにある行事であることだ。

 全ての人間に死は訪れる。おそらく古代から人類は、死による親しい人との別れを特別なこととして、さまざまな弔い方を行ってきたのだろう。死という概念を理解できなかったかもしれない古代の人々は、親しかった人との別れの悲しみを儀式化することにより集落など共同体で別離の悲しみを共有し、それが儀式化されて受け継がれた。

 死者を弔うことは人類共通の行動だろうが、世界では多くの国や宗教があり、それぞれに死者との別れが儀式化され、それぞれに葬儀や法要の様式がある。葬儀や法要の様式を共有することで人々は、死者に対する供養を行い、死者に対する敬愛や尊敬などの気持ちを示したと互いに確認もできる。

 死後の世界や来世を信じない人が増えた現在でも世界で葬儀や法要が、宗教など以前から受け継がれてきた様式に則って行われることが多いのは、それ以外に死者を弔う一般化した様式がないからだろう。無神論者のための葬儀や法要の様式は存在しないが、死者を弔うことに関心がもっと薄れたなら直葬などが増えるかもしれない。

現実離れの施策

 新函館北斗駅から函館駅への北海道新幹線の乗り入れは、2030年の北海道新幹線の札幌への延伸開業と同時に実現することを目指しているという。すると、2030年の北海道新幹線の札幌への延伸開業の前に、新函館北斗駅函館駅間の三線軌条化の工事などが行われ、新函館北斗駅函館駅間を在来線の列車が走行することはできない。

 三線軌条化とは、在来線は狭軌(1067mm)であり、新幹線は標準軌(1435m m)であるため、狭軌の2本のレールの外側にレールを1本加えて、在来線も新幹線も走行できるようにしたものだ。新幹線も貨物列車も走行する青函トンネルなどで実際に存在している。

 新函館北斗駅函館駅間は現在、狭軌で特急「北斗」や普通列車、貨物列車が走っているが、新幹線を走らせるためには全面的な工事が必要になる。現在の枕木は狭軌に対応したものなので、標準軌のレールを加えるには長い枕木に交換する必要があり、場所によっては地盤の強化も必要になるだろう。現在の狭軌の外に1本のレールをただ設置すればいいいという安易な発想は通用しない。

 これは新函館北斗駅函館駅間を全面的に作り直す工事になり、相応の期間を要する。その工事期間中は、札幌駅から来た特急「北斗」は新函館北斗駅止まりとなり、函館に向かう乗客は車かバスに乗り換えることを強いられ、札幌などに向かう乗客は函館から新函館北斗駅に車かバスで向かうことを強いられる。路線バスが函館駅新函館北斗駅を結んでいるが、かなり時間を要することに加え、本数が少ないのでバスは相当の混み具合になり、多くの乗客は立ったまま我慢を強いられよう。

 道内の各地から来た貨物列車は大沼駅七飯駅を経由して五稜郭駅に着き、そこから海峡線を経由して本州に向かう。新函館北斗駅函館駅間には七飯駅五稜郭駅があり、工事期間中は貨物列車の運行が止まるだろう。北海道新幹線の札幌延伸開業に伴って長万部駅以南の並行在来線の存続が議論されているが、道内から本州への貨物列車の運行を確保することが重要視され、貨物専用線としての存続が有力視されている。

 だが、新函館北斗駅から新幹線を函館駅に走らせるための工事で、貨物列車が運行できないとすれば長万部以南の並行在来線の存続議論に影響を与える可能性がある。加えて、道内各地からの貨物列車は大量の野菜などを本州へ運んでいるのであり、函館駅への新幹線乗り入れ工事のために貨物列車の運行がストップしたなら、道内各地の生産者から函館市は厳しく批判される。

 新幹線の函館駅乗り入れは、特急「北斗」を利用する人々に過大な迷惑をかけ、貨物列車の運行に支障をきたす愚かな施策といえる。こうした施策のためにコンサル会社に大金を払って調査させたり、市役所職員を動員して案を具体化させたりするのは壮大な浪費でしかない。北海道新幹線をPRして観光客を増やしたいのなら、北東北各県と協力して「北東北〜道南」観光キャンペーンを首都圏で頻繁に展開するほうが効果があるし、すぐにでも実行できよう。

空回りする自治体

 北海道新幹線が開業したのは2016年3月。新函館北斗駅函館市に隣接する北斗市にあり、新幹線の乗客はリレー列車「はこだてライナー」に乗り換えて函館駅に行く(所要時間は快速15分〜普通19分)。札幌への延伸開業が2030年に予定され、新幹線のルートは函館市を通らず、大きくカーブを描いて北に向かって設定された。

 新幹線の駅と少し離れている観光地は全国に多くあり、乗り換えてからの20分程度の移動は気にする必要はない。だが、「新幹線が来なかった」ことを過剰に残念がる人々が全国にいて、新幹線が通り、その駅が市内に誕生すれば観光客がどんどん増えると期待を膨らませる。

 新幹線の函館駅への乗り入れを掲げて当選した現市長は公約実現へ動く。新函館北斗駅から函館駅まで新幹線を走らせようと、東京のコンサル会社に委託して調査させ、技術的には可能だが、新幹線の函館駅乗り入れには157億~169億円の整備費がかかるとした(三線軌条化の工事や五稜郭駅の改修工事、運行管理システム改修を含む電気関係設備費など)。ただし、この種の試算は机上の計算であり、実際の工事費が膨れ上がることは珍しくない。

 新函館北斗駅に停車する新幹線を函館駅に向けて走らせるには、それまでの進行方向と逆方向に走らせなければならない。後方の車両を切り離して函館駅に向かわせる方式などが考えられるが、車両を所有するJR北海道は苦しい経営が続いており、函館駅に向かう短距離を走らせるために函館駅に向かう短い編成の車両を製造する可能性は低い。函館市が全額負担するしかないだろう。

 新幹線の函館駅乗り入れの経済波及効果をコンサル会社は年間114億~141億円と試算した。ここには、新幹線が札幌まで開通することにより期待される交流人口の大幅増加も加味されているという。新幹線開業に伴って貨物専用線になる可能性が大きい在来線の特急からの乗客移行による売上増加分が含まれているのなら、新幹線の函館駅乗り入れの正味の経済波及効果はもっと少ない。

 人口減少が続き、大型商業施設の閉鎖が相次ぎ、企業進出も目立たない函館市は観光に活性化を頼るしかないのが現状の経済事情だ。新幹線の函館駅乗り入れで期待される観光客の増加が、人口減少による圏域の消費の停滞をどこまで補うことができるのか不透明だ。函館市のような人口減少が続く自治体が取り組むべき最優先の施策は、人口減少に歯止めをかけるとともに移住者を増やし、消費力を高めて経済規模の縮小を食い止めることだろう。

 ウケる公約をと「新幹線の函館駅乗り入れ」を掲げ、市長に当選してしまったために引くに引けない状況に追い込まれたと見える。コンサル会社に大金を払って調査させ、公約の実現に向けて努力したが、JR北海道が難色を示したので「計画は断念します」と1年くらい先に言いそうだ。人口減少に正面から向き合わない地方自治体の施策は空回りする。

部分と全体

 「東京で雨が降っている」という情報を見た時に、東京都の全体で雨が降っていると思う人もいるだろう。だが、23区で雨が降っていても八王子や立川など西部では雨が降っていなかったり、23区内でも、雨が降っていたり降っていなかったりとバラツキがあるのは珍しくない。雨雲の面積が東京都を覆うほど広ければ全域が雨になり、雨雲の面積が小さければ雨が降る地域は限られる。

 ジグソーパズルは多数のピースで構成されているが、ピースは部分であり、すべてのピースが組み合わさって初めて全体の絵柄がわかる。一つのピースの色や模様がジグソーパズル全体を表していると思う人はいないだろう。ジグソーパズルなら部分と全体の混同は起きないだろうが、断片的な情報が全体を示すと混同して受け止めることは珍しくない。

 そうした混同は受け手の即断などによるものも多いだろうが、部分と全体の混同を狙って生じさせる情報がある。特定の全体像に誘導するために都合のいい情報ばかりを並べる一方、都合の悪い情報には触れずに済ませるか否定的に扱う。うっかり無批判にそうした情報を受容し続けると特定の全体像に誘導されよう。

 部分と全体の混同は、事実認識を阻害する。事実の1部分だけが切り取られて、提供される情報が全体を表す情報であるかのように流通し、それを検証せずに無批判に受け入れたりすると、簡単に情報操作のカモになる。ある情報が、それは部分を表すのか、全体を表すのかの見分けがつかなければ、情報操作に抗うことは難しいだろう。

 新聞やテレビなどでは部分についての情報が溢れるが、全体についての情報はそう多くはない。全体についての情報は記者のコラムや寄稿などで示唆されることがあるが、必ず全体について示しているとは限らない。一方、SNSなどでは部分についての情報も全体についての情報も流れるが、客観性については担保されないことが多い。

 何が部分についての情報で、何が全体についての情報かの見分けがつかなければ、港区から中央区にかけて降っているだけの雨を東京全体で降っていると思い込んだりする。正しいとされる情報が示すものは部分か全体か、それを判別することが、簡単に情報操作されないためには欠かせないポイントだ。

 部分の集合が全体になるが、部分が全体を表すとは限らない。SNSやテレビ、新聞などで溢れる情報は部分についての情報が多いようだが、それを全体についての情報だと受け止めると現状認識や世界認識などが歪むこともあり得る。日々接する情報はジグソーパズルの1ピースだと常に意識することが欠かせない。

函館の柱状節理

 細長い柱状の六角形や五角形などの岩がびっしりと連なって断崖などを成している観光名所は日本各地にある。天然記念物に指定されている東尋坊は「約1300万年前にマグマが地表近くまで上昇し、地中の中で冷えて」固まり、その過程で五角形や六角形の柱状に形成され、「地殻変動により岩が地表に現れ、現れた岩は波や風により柔らかい部分が削られたり浸食されたりして、現在の形になりました」(坂井市HP)。

 マグマや溶岩は冷えて固まるときに縮むが、その時に五角形や六角形などの割れ目が細かく発生して、蜂の巣に似た断面を形成しつつ、細長い柱状の岩石の連なりとなって地表に現れたものが柱状節理だ。日本には柱状節理を見ることができる場所が方々にあり、景勝地となっているところも多い。

 日本には活火山が111あり、世界の活火山(約1500)の約7%を占める火山列島だから、地下のマグマの活動は活発だ(活火山とは、過去1万年以内に噴火した火山や現在も活動する火山)。日本列島の下では太平洋プレートなど海洋プレートが沈み込み続け、海洋プレートから分離した水がマントルを溶かし、発生したマグマが上昇することにより火山の噴火や地震を生じさせている。

 活火山が近隣にないところにも、柱状節理を見ることができる場所が日本各地に存在する。これは1万年よりも過去に火山活動や地殻変動が各地で起きていたことを示す。約7000万年前には日本列島はアジア大陸の一部だったが、約2500万年から分離を始め、約1500万年前に日本海が形成され、数百万年かけて日本列島が形成されたとされるから、活発な火山活動が方々で起きていたのだろう。

 北海道で柱状節理といえば層雲峡が知られている。「約3万年前の大雪山の噴火により堆積した熔結凝灰岩が石狩川の浸食により削られ、長い歳月をかけ現在の姿」となり、「石狩川沿いに約25kmにわたり峡谷」が続き、「中でも、銀河流星の滝から小函、大函までの間は層雲峡の核心部と呼ばれ、高さ200m前後の天城岩や天柱岩、岩の形が独特な羽衣岩、切り立った岩壁の神削壁などの絶景が点在」している(環境省HP)。

 函館にも柱状節理がある。渡島半島の東端に活火山の恵山があり、函館駅から津軽海峡沿いに国道278号線が恵山まで続いている。函館駅方面から向かうと、汐首岬や戸井を過ぎ、サンタロナカセトンネルに入る直前で海岸沿いの旧道へ入ると、岩壁と岩礁の間を道は続き、そそり立つ古い採石場跡が見え、その先に柱状節理の断崖や岩礁海岸が見えてくる。ここが日浦海岸だ。

 日浦海岸の柱状節理は「一見黒っぽく玄武岩のようですが、石英を含むこともある安山岩」で、「旧採石場のあたりでは何回かマグマが貫入したのか、何層もの柱の層が重なり、一部は放射状にも見え」「このように美しい柱状節理が見える場所が少なく」貴重な場所で、海岸には「節理に沿って凝灰岩の角礫が脈のように入り込んで」いるところもある(北海道地質百選HP)。ただし、付近には落石注意の掲示があるので柱状節理に近寄ることは避けたほうがいい。

終末論は続く

 かつて「ノストラダムスの予言」が話題になった。その予言は1999年に人類が滅びるというものだった。予言は「1999年の7の月/天から恐怖の大王が降ってくる/アンゴルモアの大王を蘇らせ/その前後、マルス(火星)は首尾よく支配する」という詩だった(日本語訳は様々ある)。1999年7月が近づくと人々は落ち着かなくなった。

 予言の前半の「1999年の7の月/天から恐怖の大王が降ってくる」との具体的な表現が分かりやすく、何かが空から降ってきて破壊をもたらすと受け止められ、不安感が高まり、終末論が広がった。恐怖の大王が意味するのはミサイルや人工衛星、大気汚染など様々に取沙汰されたが、実際には1999年7月に人類を滅ぼすような恐怖の大王は天から降っては来ず、予言は大外れだった。

 この予言は、1999年7月だけが具体的かつ現実的で、恐怖の大王など他の文言は解釈次第でどんな意味をも引き出すことができるものだった。恐怖の大王の正体がわからないから様々な解釈が唱えられ、それらの解釈があたかも事実を指し示しているように受け止めた人々は不安感を高めた。解釈と事実を混同し、解釈を事実だと認識する人はデマなどに踊らされやすく、情報操作のカモになる。
 
 何かが起きるとの予言は、予言の文言に適合するような出来事が現実に起こることで信用されるのだが、何も起きなかったなら忘れられる。「ノストラダムスの予言」も現在では忘れられた存在だ。1999年7月に恐怖の大王は降ってはこず、「実は〜」との新たな解釈が出てきて、ノストラダムスによる終末論を延長させるような動きも目立たなかった。予言が空振りだったことを人々は笑い、終末が来るとの予言を忘れた。

 この世界が何らかの法則なり何らかの力で動いている場合に、その法則などを察知した人が未来に生じるであろう出来事を類推したなら、予言することができよう。だが、直感的なひらめきや霊感などで浮かんだイメージから生じた予言には客観的な根拠がない。とはいえ、根拠が曖昧だから予言を知った人々は予言を信じるしかなく、信じるという行為は信じる対象への依存を強めたりする。

 不安感を煽ることで人々が予言を気に留め、予言は存在感を得る(科学的な装いの将来予測も同じだ)。良いことが起きるとの予言より悪いことが起きるとの予言のほうが多いようだが、それは未知なる未来に対して人々は漠然とした警戒感を持っているので、不安感を煽りやすいからだろう。

 悪いことが起きるとの予言は終末論と相性が良く、神による最後の審判とか末法とか、終末論と宗教の相性も良い。宗教が示す終末論は、神や仏など絶対者への信仰によって救われるとのストーリーに信者を導く。終末論によって不安を掻き立てられて敏感になった心理に、終末にも神や仏の救いがあると説く。

 終末論に踊らされた人は、恐怖の大王が現れずに1999年の7月が過ぎ、肩すかしを食らった。だが、終末論をはやし立てた人々は「次」の終末論を待っているのかもしれない。気候変動論やロシアや中国と欧米の対立激化、地域紛争の勃発など地球規模での不安材料は続々現れるので、感化されやすい人は新たな終末論を受け入れ、自己の不安感を正当化する。