望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり





普天間と賢者と奴隷

 中国の作家、魯迅の作品に「賢者と馬鹿と奴隷」がある。短い作品だが、含蓄に富んでいて、賢者と馬鹿と奴隷をそれぞれ、さまざまなものに当てはめて考えることができる。あらすじは、こうだ。



 あるところに、人を見つけては不平を言っている奴隷がいた。賢者に出会い、「朝早くから夜遅くまで、ご主人のために働きづめだ。部屋には窓さえない」と言うと、賢人は同情して「気の毒にな。しかしきっと、いつかよくなるよ」と慰めた。話を聞いてもらって、励ましてもらって奴隷は喜んだ。そしてまた、不平を言い出すことの繰り返し。



 ある日、奴隷は馬鹿を見つけ、いつものように不平を言った。すると馬鹿は「主人に言って、窓を開けてもらえ」、奴隷は「そんなことを言ったら、ご主人に怒られる」、それを聞いた馬鹿は「じゃ、俺が開けてやる」と言って、奴隷の小屋に行き、壁を壊し始めた。奴隷は大慌てで、仲間を呼び、馬鹿を追い出した。



 賢者を見つけた奴隷は、「ひどい目に遭いました。でも、小屋を守ったのでご主人に誉められました」というと、賢者は「よかったね」と言って、共に喜んだ。



 さて、主人=アメリカとはすぐに思いつくが、ほかの3人は誰に当てはめればいいか。馬鹿=鳩山(成算もなく普天間移転を打ち出した当時の首相)かと思うが、彼は自分で壁に窓を開けようとはしなかった。口先ばかりで、自力で壁に穴をあけようとする行動力がなかった。堅い板に力を込めてじわっじわっと穴をくり抜いていく作業を、しようとしなかった。



 奴隷=沖縄県民か。しかし、主人=アメリカだとすると、奴隷=日本国民ともいえる。対米関係でいつも不平を言っているが、21世紀の日米安保像を探ろうともせず、現状を自力で変えようとしない。平和になるように一生懸命祈っていれば平和になる……なんてことはないのに。主人の機嫌を損ねず、奴隷が奴隷のままでいることができて、よかった?



 賢者=マスコミか。不平を聞いてあげて、「気の毒にな。しかしきっと、いつかよくなるよ」と可哀想な沖縄県人に同情してみせる。沖縄には在日米軍基地の75%が集中しているそうだが、マスコミの同情の75%も沖縄に集中しているかも。正義をふりかざしたマスコミが、何を言っても現状は変わらないというのも、賢者=マスコミ説に有利だ。


倫理観を先に立てる

 気候変動の危機なるものが共通認識とされる昨今、エコロジーに基づくとする人々の主張が、妙に倫理観を漂わせるのが気になっていた。未来予測は科学において確率で論じるべきものだが、決定したものとして未来を論じる人々が多すぎる。科学は全て真理で成り立っているとの誤解が未来予測を素直に信じることにつながっていると見える。

 エコロジーが倫理観と結びつくのは昔から珍しくなかったようだ。梅棹忠夫さんと鶴見俊輔さんの対談(「50年の幅で」1991年=晶文社刊『鶴見俊輔座談 民主主義とはなんだろうか』所収)で梅棹さんが指摘している。戦後を回想した対談の一部を紹介する(中略した箇所あり)。

鶴見 当時の京大マルクス主義系とは違う空気のなかで話のできる人だったな、あなたは。
梅棹 まったく違っていましたね。みなさん、どうしてあんなことになったのかなあ。50年代、60年代、マルキシズムを奉じる人がたくさんいた。どうしてそういうことが起こるのか理解できなかったし、どうしてそういう人たちが転んでゆくのかもわからない。マルキシズムは一種の新興宗教でしょう。そう思ったらわかるわけだ。ああ、これはやっぱり新興宗教の信者だなあと(笑)。近ごろのエコロジーがそれに近い。

鶴見 梅棹さんの陣営のほうに新興宗教的なものが入り込んできてしまった。
梅棹 そのときこちらはもうエコロジーをやめている(笑)。あれもマルキシズム社会主義の代替物ですね。社会主義エコロジーもひじょうに俗耳に入りやすい。だれにもよくわかるんです。いかにもほんとうみたいに聞こえる。だからみな、コロコロといかれてしまう、そういう現象だと思うんです。世界的にそうだと思います。

鶴見 まず倫理的なものを先に出しちゃうんじゃないかな。
梅棹 そうでしょう。倫理が先にあって、それがゆるぎのないものになって、それに全部あてはめてゆく。みんな道徳主義でゾルレン(当為=ねばならない)からはじまっている。
鶴見 客観的必然という考えをまずもとうとして、その必然とゾルレンがごっちゃになってしまう。科学的必然であり倫理的当為でもあるというかたち。「なすべきだ故になしあたう」という考え方。

梅棹 その科学的必然というのは、むしろあとからくっつけた理屈なんです。マルキシズムが日本知識人のなかで主流になったのは、まず道徳的な感覚があって、それを科学的に裏づけているらしく見えるので受容されたんだろうと思う。その道徳的なものも、日本に入ってくるのは江戸時代でしょう。江戸時代の侍の倫理観。
鶴見 侍の儒学
梅棹 日本に宗教としての儒教が入ってきたとは思わないけれど、理論としての儒学がかなりの影響をおよぼしたのは事実です。とくに行動における倫理規範としての陽明学の影響が大きい。これは明治以後もつづいています。そうした倫理主義の流れがあって、それがマルキシズムにつながるのではないですか。客観的認識が先にあるのとは違います。

「ルーピー」考


 好き嫌いや主義主張の違いはあっても、日本の議会で選出した首相に対するそれなりの敬意は、国会議員なら誰でも持っていると思っていたが、実態は違うようだ。2010年のの参院本会議で鳩山由紀夫首相(当時)に野党議員が「ルーピー」とヤジを飛ばした。



 子供の喧嘩じゃあるまいに。相手の人格を否定するようなヤジ(発言)は、そんな言葉を発した当人の理性を疑わせる。議論から派生したヤジは、相手の言ったことへの反論であるはずだ。国会中継をまともに聞いたことがないが、日本の議会でのヤジはひどいとも聞く。そうした中でも「ルーピー」とのヤジがマスコミに取り上げられたのは、一線を越えたからか。



 「ルーピー」のネタ元は米紙ワシントン・ポスト。同年4月の核安全保障サミット後に1人のコラムニストが各国首脳を採点するコラムを書き、その中で鳩山首相について loopy との言葉を使い、それを日本のマスコミが「愚か」などと訳して報じた。コラムニストは後から、「ルーピーは、現実から変に遊離した人」の意だと釈明したそうだ。



 鳩山氏が「ルーピー」であるかどうかは知らないが、日本のマスコミが米紙コラムの「ルーピー」との言葉を日本で面白おかしく取り上げたのは事実だ。傍からは、見苦しいとさえ思える日本のマスコミのヒステリックな鳩山・小沢批判(叩き)に、「ルーピー」はいい材料を提供した?



 同業者である日本のマスコミに、米紙のコラムに対する批判がなかったわけではない。「ルーピー」の言葉の真意を探ろうとしたり、「ルーピー」の訳のあれこれを検証したりし、コラムニストの日本理解・日本観を疑ったり、米の日米関係筋なるものが「ルーピー」の語を悔しがったと伝えた。



 日本のマスコミは理性的に対応したと言いたいところだが、扱いは、米紙の「ルーピー」コラムの紹介の方が大きかった。コラムニストは人それぞれ。偏った見方のコラムニストもいるので、米紙のコラムニストがどういう人物なのか、どういう立場なのかの検証が必要だが……なかった。1コラムニストの書いたものを日本のマスコミが大きく報じたのは、米国コンプレックスが日本のジャーナリズムにも存在すると皮肉りたくなる。



 米紙のコラムニストは、日本は米国の核の傘の下で軍事費が少なくて済み、何十億ドルも節約したとも書いているそうだ。そうした見方が米国人の一般的な理解なのかどうかは知らないが、その点について日本で議論にはならなかったので、違和感があまりないようだ。しかしね、日本は米国の情けにすがって、核の傘の下に入れてもらったわけじゃ、あるまいに。日本に米軍基地があることによる恩恵は、日本、米国、どちらの方が大きいのか、検証が必要だな。



 日本の首相とは哀れな存在だ。同じ議会人から「ルーピー」とやじられ、マスコミからは米紙を引用して揶揄される。日本人は、金回りが良かったバブルの頃はおごり高ぶっていたが、金の切れ目がモラルの切れ目、本当は、人間としてのプライドが希薄なんじゃないかと疑問がわく。いや、単に他人の人格に対する敬意を軽視する人々なんだという見方もある。






素朴な疑問

 素朴な疑問を持つことは、簡単に騙されないためのヒケツかもしれない。例えば、高利回りが期待できるという利殖の勧誘電話などがかかって来た場合、「そんなに儲かるんなら、自分達だけで儲ければいいのに。どうして他人に勧めるの?」と聞いてみる。



 電話をかけて来た相手は、「私どもは利を求めるような生き方はせず、ひたすら他人の幸福のために貢献したいんです」などとはまず答えない。いかに有利な投資かという方へ話を持って行こうと焦りつつ、「お客様に大きく儲けていただき、私どもは手数料だけを頂きます」なんて答える。ならば「手数料を狙うより、貴方達だけで大きく儲けた方がいいのに。貴方達はお金がないんじゃないの?」と聞くと、たいてい電話は切れる。



 例えば、国会議員を80人削減すると政党が言う案。いかにも政治家自身が「身を切って」いるかのように映るが、「目的は本当は何?」と素朴な疑問が生じる。政党が言い出すということは、いかに国会議員にお粗末でヒドい連中がいるのかを、身近で実際に見ているからか?

 

 そうだとは政党は決して言えないだろうから、「多くの借金を抱えている国家財政の負担を少しでも軽くするため」などと答えるだろうが、国会議員80人分の人件費を節約しようとするなら、議員数を減らさずに、議員報酬などを、例えば一律2割削減する方法などもある。総人件費は削減できる。



 国会議員を80人削減する場合、選挙という関門がある。「不要」「無能」な候補者が選挙で淘汰されるならいいのだが、選挙は魔物、選挙に強い候補者や「風」をつかんだ候補者が勝つ。「必要」「有能」な人々が選挙を勝ち抜いてくるならいいが、そうなるとは限らない。



 国会議員を80人削減したのはいいけれど、選挙に強い「不要」「無能」な連中が当選して来て、そうした連中の比重が高まり、国家議員の総体的な劣化につながるようでは、何のための80人削減か、わからなくなる。80人削減案って本当にいいのか、素朴な疑問への答えは示されていない。



 一儲けしようという意図を隠し、あるいは自分らに都合良く制度を変えようと、お為ごかしで作りごとの奇麗ごとを言い立てる手合いには、用心した方がいい……が、欲につられたり、期待をかけすぎたりすると、つい騙される。



共同富裕

 中国共産党が以前から掲げる共同富裕という理念が、貧富などの格差をなくし、社会を構成する皆が等しく豊かになるという共産主義の理想を実現するものであれば中国にふさわしい。問題は、現在の中国は資本主義的な搾取が定着して貧富の格差が甚だしくなり、共産党の幹部が特権階級化していて、現代の中国で共同富裕を本当に実現するなら革命的な強権発動が必要だが、それは共産党の独裁支配を揺るがす。

 経済成長を続ける中国では富裕層が肥大した。富裕層のトップ1%が富の30%以上を得ているという。富裕層の誕生は先富論の実現として容認されたが、巨大化する民間企業が増え、億万長者が並ぶ資本家階級が形成されたとあっては中国共産党は坐視できなかったとも見える。

 「社会主義の本質的な要求だ」と習近平氏が持ち出した共同富裕だが、共産党の幹部や国有企業も対象になる増税による再配分は難しいので、民間企業や富裕層に寄付を求めることを打ち出した。共産党には逆らえないと、アリババは共同富裕の実現に向け2025年までに1000億人民元(約1兆7000億円)を拠出するとし、テンセントは500億元(約8500億円)を貧困層支援などに充てる計画を公表するなど民間企業は次々に政府の方針に従う姿勢を示している。

 富裕層に警戒感が出ているので共産党幹部は会見で共同富裕は「富裕層を犠牲にして貧困層を救うことではない」と説明したそうだが、富裕層の不安を解消できるか定かではない。中国共産党は中国国内では何でも実行できるのだから、必要となれば富裕層の富を国庫に吸収することもいとわないだろう。格差に対する人々の不満が高まれば(=不満を抑え込むことができなくなれば)共産党は豹変する。

 富裕層に富が偏り民間企業が巨額の内部留保を溜め込むという社会は中国だけではない。欧米や日本なども同様の傾向にあるといわれ、共同富裕の理想は各国にも当てはまりそうだ。中国は膨大な貧困層を抱える一方で億万長者など富裕層を肥大させたが、日本など各国は以前、中産階級を厚くすることで擬似的な共同富裕に近づけた。

 だが、その中産階級は非正規雇用の増加などの施策で解体に追い込まれている国が多いようだ。厚い中産階級は消費需要を活発化させるが、中産階級が解体されると可処分所得の総量も減るだろうから総需要は減少する。パンデミック前から日本はデフレが続くにも関わらず総需要が抑制気味なのは、中産階級の解体と下層移行の影響だろう。

 ごく少数の富裕層と大多数の下層で暮らす人々がいる社会が世界で増えると、共同富裕は各国の人々の理想ともなろう。だが理想は実現しないものだ。中産階級を厚くすることは国内の需要を厚くすることであり、社会の安定感をも高めることを各国政府は承知しているだろう。だが、強欲な富裕層の政治的な影響力に各国政府は抵抗できない気配だ。中国も同じに見える。





沖縄という「正義」

 沖縄に移住する人が増えていると聞いたのは結構前だった。南国の沖縄は1年中過ごしやすく、地元の人々は人懐っこくて優しく親切で、いいところだと、沖縄にしばらく住んでいた人は皆言っていた。そうこうするうちに、文化人だのタレントだので沖縄に別荘を持つ人が珍しくなくなった。



 普天間の米軍飛行場移設問題では、沖縄がいかに「被害者」であるかを主張する声高な見解がマスコミにあふれた。沖縄にばかり米軍基地が押し付けられているとして、「琉球差別」なる言葉も持ち出されるようになった。



 被害者を自認する側が差別だと言い出せば、話は進まなくなる。差別性を否定しても、被害者を自認する側は納得せず、かといって「じゃあ、差別と認めましょう」と言ったところで、ますます話は進まなくなる。差別が持ち出されたところで感情論に大きく傾いてしまった。感情的になればなるほど、沖縄の人々は引くことができなくなる。



 沖縄は、先の戦争で日本で唯一、地上戦が行われた地であり、戦後はしばらく米の占領下に置かれ、日本復帰後も米軍基地はほとんど縮小されなかった。日本の平和主義者らが罪悪感を感じるには沖縄は格好の存在だった。同時に、沖縄への罪悪感が彼らの主張を正当化する支えともなる。だから皆で沖縄に盛大に同情してみせる。



 沖縄をけなしているわけではない。ただ、マスコミを始め、沖縄に盛大に同情してみせた本土の連中は、自分らの都合のいいように沖縄を利用したに過ぎない……つまり、政治の争点が次に移れば、沖縄は忘れられていくだけだ。一方で政治家連中は学習したに違いない、へたに沖縄に触ればヤケドすると。



 正義を振り回す連中ほど始末の悪いものはない。正義は絶対的なものであると考えられているようだ。だから、自分らが考える正義は同時に絶対的なものであると思い込みがちだ。しかしね、正義は人間が考え出したものであるため、個々の生育環境、素養、教養、利害などのほか、地域性、宗教性、党派性、時代性など様々な制約を受けている。



 沖縄の「正義」や沖縄の「心」なるものが言い立てられ、やがて独り歩きし始めた。実態はキャッチコピーの類いで、基地反対運動に便利に使われたのだが、同時に、「正義」「心」の言葉を腐食させた。抽象語である「正義」などの言葉は、現実に巻き込まれることにより、例えば、アルカイダの「正義」、アメリカの「正義」、タリバンの「正義」などという、相対的な主義主張にしか見られなくなる。



 沖縄に別荘を持つ文化人やタレントなどからの真摯な発言は、ほとんど見ることができなかった。日常的に住んでいるわけではないだろうし、そもそも基地の近くに別荘を持つはずもないしね。



岩波文庫がキー


 本好きで、内外の古典を片っ端から読んでみようと若き日に一度でも思ったことのある人は珍しくないかもしれないが、実際に古典を片っ端から読んだ人は少ないだろう。哲学やら文学やら物理学やら政治思想や社会論、経済理論……果てしない知の世界が自分にも開かれていることに(大げさに言えば)興奮した人もいるだろう。



 しかし、人生は短し誘惑は多し。金はないけど時間だけはたっぷりある日々も永遠には続かず、家族も増えて、生活のために追われる日々となる。古本屋で岩波文庫などの古典が安く売られているのを見つけて、「ここで出合ったのは何かの縁だ」とつい買ってしまうが、持ち帰った日には読むものの、人生は短し雑用は多しで、いつしか忘れてしまう。



 押し入れの段ボールの中にいつしか古典は押し込まれ、大掃除の時などに見つけて、ぱらぱらとページをくくり、「読み始めたものの、途中で挫折した本ばかりだ」なんて思い出に耽る。そんな時に適当にページを開いて読んでみると、理解しなくてはならないという気負いがなくなったせいか、すんなりと内容が頭に入ってきたりする。



 人生の早い時期にじっくり読むのが、古典にとって「正当」な読まれ方なのかもしれないが、年齢を重ねてみると、人生は短し古典は多し、空いた時間に古典を断片的に拾い読みする魅力に気付く。読み通していないのだから、全体的な理解はできないが、箴言集を読むような感覚といえようか。



 iPAD の発表以来、日本でも電子書籍関連のニュースが急に増えた。iPADはカラー液晶画面で雑誌に適しているとされ、動画を取り入れるなど斬新な試みが進んでいる。でも、電子書籍が日本で定着するためには、目新しさではなく、落ち着いて文字を読む環境が整うことが必要だ。



 電子書籍というと新しさばかりが強調されるが、道具(手段)でしかない。いつでも、どこででも書籍を買って読むことができるシステムと考えると、Kindle(あるいはiPAD)を持ち歩くだけで、どこでも岩波文庫から古典を引っ張りだして読むことができるというのは魅力がある。



 岩波文庫は5千点以上刊行していて、古典が充実している。ただ、目録から落とされている品切れが多い。年100部も売れないものは再版しづらいだろうが、電子書籍なら年100部であろうと商売になるだろう。岩波文庫が全目録を電子書籍対応にし、それを皮切りに新潮、文春、角川、講談社など各社の文庫が絶版を含めて電子書籍に対応するならば、日本人の読書環境はおそらく世界1豊かなものになるだろう。