望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり

マスクを外せ

 日本政府のウイズ・コロナ政策は、▽新型コロナウイルス感染症法上の分類を「2類相当」から「5類」に引き下げる、▽医療費の公費負担は段階的に縮小、▽病院への診療報酬の特例措置などを見直す、▽濃厚接触者の外出自粛は不要、▽特措法に基づく緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は廃止、▽スポーツ観戦やイベントの収容人数制限を撤廃、▽屋内でのマスク着用は個人の判断に委ねる、▽ワクチンの無料接種は当面継続するーなどとなった。

 岸田首相は新型コロナ感染症対策本部で「家庭、学校、職場、地域、あらゆる場面で日常を取り戻すことができるよう着実に歩みを進めていく」と語ったと報じられた。「日常を取り戻す」とはパンデミックの中での生活という非日常を終わらせることであるが、新型コロナウイルスと共存せざるを得ないという新しい日常でもあり、パンデミック以前の日常と同じではない。

 マスク着用は現在も法律に基づく強制ではないが、商業施設や公共施設、公共交通機関などでマスク着用が求められることもあって、出歩く人の大半がマスク着用だ。マスクを着用しない人は珍しくなくなったものの、多くはないという状況だ。屋外でのマスク着用は自由だと政府は少し前からアナウンスし始めたが、なお大半の人は屋外でマスクを着用している。

 人々がマスク着用を続けるのは、新型コロナウイルス感染を恐れているからだろうが、マスメディアは同調圧力を持ち出して、マスク着用を人々が続ける状況を説明したりする。他人と異なる行動をして目立つことを嫌がり、多くの人々と同じように振る舞うようにさせるのが同調圧力なのだろうが、同調圧力は個人が感じるものであり、同調圧力は「ある」と感じる人には存在し、「ない」と感じる人には存在しない。

 マスメディアが同調圧力という「見えず」「客観的な検証がない」要因に頼って説明するのは、都合のよい物語を描いて現実を解釈しているだけだ。さまざまなデータを集積して分析するよりも、同調圧力を持ち出して人々がマスク着用を続ける現象を説明することができたと自己満足する。同調圧力なるものはマスメディアが都合よく利用する材料である。

 マスク着用の目的は、無症状の感染者が多く存在するとの推察から、人々の呼気に含まれるウイルスの飛散を抑制することだ(ウイルスの侵入をマスクで防ぐためには気密性の高い医療用が必要)。日本国内の累計感染者数は3200万人を超え、カウントされていない感染者も膨大にいるだろう。マスク着用の判断を個人に委ねるということは、マスク着用の目的の重要性が低下したと政府が認めたことだ。

 マスク着用を個人の判断に委ねた結果、感染拡大が起きるか起きないか。それを試す格好の場所がある。それは国会だ。現在は発言者以外はマスクを着用しているが、率先して国会議員がマスクを外して本会議や各種の委員会における審議に臨み、かつての日常を取り戻してヤジも飛ばせばいい。屋内で多数がマスクを外して「かつての日常」を取り戻した場合に、感染拡大が起きるか起きないか、国会議員は勇気を出してマスクを外して実地に検証して見せて欲しいものだ。

読者のシンクタンク

 日本の新聞社は①発行部数の減少が続く、②広告料収入の減少が続くー状況下にあり、売上高は減り続けている。こうした状況を打開する妙案がなく、縮小再生産で対応するしかないとなれば、固定コスト削減のために人員削減を繰り返すしかない。インターネット上の自社サイトで課金情報を増やし、収益化を図るが、金を払ってまで読みたい情報がないと見限られているのか、成功していない。

 紙の新聞という市場が縮小を続けていることは以前から明らかだった。情報が流通する「場」はインターネット空間に移行し、それに対応して産業構造や社会システムは変化しなければならず、変化に対応できない企業が淘汰されることは容易に予想できた。新聞社には対応策を講じる時間は十分にあった。だが、日本の新聞社の対応は鈍く、縮小再生産を甘受しているかのような気配だった。

 2021年10月時点の一般の日刊紙97紙(スポーツ紙を除く)の総発行部数は3065万部で前年比5.5%の減少となり、3000万部割れが目前だ。2006年までは4700万部台を続けたが、2016年に3982万部と4000万部台を割り、その後も部数の減少は続き、ついに3000万部台割れが現実となった。

 日本の総広告費(2021年。電通調べ)は6兆7998億円で前年比110%と好調だが、伸びたのはインターネット広告費の2兆7052億円で、マスコミ四媒体広告費(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)の2兆4538億円を上回った。新聞広告費は3815億円で前年比3.4%増だったが、これは東京五輪衆院選関係の出稿が貢献した(2020年は3688億円だった。2006年以降は1兆円を割り、2018年に5000億円を割っていた)。

 発行部数=購読部数が減り続け、広告料収入も漸減傾向とあって新聞社は何もしなければ、縮小再生産の繰り返しで最後は廃業に至るだろう。打開策として考えられるのは、①購読部数を増やす、②インターネットにおける事業規模の拡大、③新聞発行以外の事業を開拓、④少ない発行部数で事業継続できる新聞社への転換ーなどだ。

 だが、購読者が減り続けていることに対応できていない新聞社には①は困難だろうし、②では各社とも成果が乏しく見える(収益化を論じる以前に、魅力ある情報提供サイトを各社とも提供できていない。各社のサイトは大同小異で独自の個性に乏しく、自社の購読者の繋ぎ止め策の趣)。③では美術展など各社は主催事業を行うが、新聞事業の落ち込みをカバーする規模にはなっていない(そもそも新聞社にとって各種事業は読者サービスの一環)。

 このまま縮小再生産を続けると新聞社は④に向かわざるを得ない。だが、現在の一般向けの紙面のままでは購読部数の減少に歯止めはかからないだろうから、新聞の位置付けを変える必要がある。例えば、速報は自社サイトに任せ、新聞は分析記事の比重を増やす。そのためには記者にph.Dを取得させ、専門性の高い記者を増やすことが必要だ(夜討ち朝駆けなどは通信社に任せる)。いわば読者のシンクタンクだと認められれば、少ない発行部数になっても新聞は生き残っていくことができるだろう。

棒タラ

 棒タラはタラ(鱈)を寒風にさらして水分をすっかり抜いた干物だ。ガチガチに固まっているので、身をほぐすためには水に数日つけておくか、金づちなどで叩いてほぐすしかない。棒タラを煮物などの料理に使うためには水につけて戻すのが一般的だが、酒のつまみなどにするには金づちなどで叩いて、身をほぐして少しずつ食べる。

 棒タラをスーパーやコンビニで見かけることはほとんどないが、酒のつまみとして細く裂いたタラの身を袋詰めした商品はいろいろあって、「むしりタラ」「つまみタラ」「皮むきタラ」「寒干しタラ」などの商品名で売られている。また、タラの身を細く裂いて様々に味付けしたり、甘露煮や味噌漬け、みりん漬けなどにした加工食品も多い。

 棒タラは漁獲したタラを保存して長く食べるための加工法だ。冷蔵庫などがなかった時代に人々はタラやサケ、イカ、タコなどを乾燥させて保存するという加工法を見つけた。タラの干物は中世ヨーロッパでもよく食べられていたという。現代では干物は旨味を増すための加工法となり、アジやサバ、金目鯛、カレイ、ホッケ、ノドグロなど各地で多くの干物が売られている。

 棒タラは北海道や東北地方で製造されてきた。昔は北前船で関西などに運ばれ、煮物の材料として使われて、現在でも「棒ダラ煮」「棒ダラ煮付け」などの料理がある。新鮮な魚が入手できない山間部や降雪地帯などでは冬場のタンパク源として食べられてきた歴史もある。現在では生魚のタラが流通しており、多くのタラ料理がある。

 タラは漁獲量が多い魚種だ。日本周辺にはマダラ、スケトウダラ、コマイの3種がいて、北海道から日本海側では山口県まで、太平洋側ではマダラは茨城県スケトウダラ和歌山県、コマイは宮城県までに分布しているとされるが、漁獲量は北海道がダントツの1位で全国の8割ほどにもなる。

 タラは世界での漁獲量が多く、ロシア269万トン、米国190万トン、ノルウェー106万トン、アイスランド63万トンの順で多い(2020年。タラは北半球の寒冷な海に主に生息する)。魚種別ではニシン、イワシに次いで世界で漁獲量が多いという。英国のフィッシュ&チップスにもタラのフライはよく使われ、ポルトガルやイタリアなどでは干しタラを使った料理が多くあるという。

 棒タラにローラーをかけて、身をほぐしやすく加工した商品もある。形状は棒タラだが、少し力を入れてむしれば身をほぐすことができるので、金づちで叩くという作業を省くことができるアイデア商品と言える。だが、袋から取り出してすぐに食べることができる簡便性には程遠く、棒タラを金づちで叩いて食べていた記憶を持つ世代に向けたニッチ商品だな。

愚策

 こんなコラムを2000年に書いていました。

 日本の政治の「脳死」状態を実感させたのが、沖縄サミットのイメージソングを作るというニュースである。

 毎年どこかで開催される先進国首脳サミットに、なぜイメージソングが必要なのか。そもそもイメージソングがふさわしい催しなのか、サミットは。サミットって、皆でお祭り騒ぎをすべきものなのか。

 察するに、小渕首相以下政府首脳は、「いつものように」参加することに意義がある程度にしかサミットを考えていないから、こうした愚作が出てくるのだろう。小渕氏は沖縄に思い入れがあるともされるが、サミットに世間の注目を集めて、人気浮上につなげられればーなんて発想にしか見えない。

 小渕氏は電話で小室氏にイメージソングの総合プロデューサーを頼み、小室氏は快諾したという。小室氏は会見で「早く沖縄を訪れて、沖縄音楽をどう取り入れるのか勉強したい」と言ったとか。小室氏のつくる音楽に沖縄趣味をまぶしたところで、大したものは出来まいと考えてしまうのだが、曲ではなく、イメージソングを作ることに意味があると小渕氏は思っているのだろうな。

 「沖縄」という土地にサミット開催の意味があるかのように政府は仕向けたいらしいが、そうなら沖縄人の音楽家に頼むのがスジというものだろう。

別のを探せ

 「鳴かぬなら殺してしまえ不如帰」とは織田信長の言葉で、秀吉はどう、家康はこうと伝えられている。本当に三人がそう詠んだのかどうかは知らないが、三人の性格をよく表す言葉として有名だ。

 ここに一つ加わった。誰が書いたものか失念したが、「鳴かぬなら別のを探せ不如帰」。うーん、今のある種の気分を言い当てている。そこで、この人ならこう言いそうだというのを考えてみた。

 「鳴かぬならどっかをくすぐれ不如帰」。これは演出家か映画監督か。黒沢明なら「鳴かぬなら今日は中止だ不如帰」となるだろうから、先のは時間や経費に縛られている誰かだな。「鳴かぬならそのシーンカット不如帰」なんてのは、よくありそうだ。

 「鳴かぬなら査定にひびくぞ不如帰」。あちこちの企業から頻繁に聞こえてきそうだな。能力主義の導入が社員のやる気を刺激するとか流布されているが、実態は社員の尻叩きを正当化するものでしかない。本音は「鳴かぬなら給料カットだ不如帰」か。

 「鳴かぬなら部品を替えよう不如帰」。これはエンジニアの言かもしれないが、パソコンマニアかもしれない。いや、パソコンマニアなら「鳴かぬならソフトを替えよう不如帰」となるか。すると、死んだ昆虫を見て「電池がきれた」と言った子供が不如帰を見て詠んだ?

 「鳴かぬなら静粛を愛でよう不如帰」。これは達観している人かね。具体的に誰かとなると思い浮かばないが。

 「鳴かぬなら返品しよう不如帰」。これは犬猫をペットショップで買うという都会の子供が言いそうだ。「鳴かぬなら電池を替えろ不如帰」とか「充電しろ」なんて言うよりは、ましか。 

 「鳴かぬならゲームをしよう不如帰」。現代は遊ぶものがたくさんあるから、いつまでも不如帰を見ていることもないということか。「鳴かぬならインコにしよう不如帰」なんて交換されてしまう。鳴くまで待ってはくれない。

 「鳴かぬなら声帯手術だ不如帰」なんてのは怖いね。鳴かないのも個性だと見てもらいたいものだ。そのうち「鳴かぬなら遺伝子操作だ不如帰」なんてことになったりして。

 「鳴かぬなら飯はやらんぞ不如帰」って言ったって、不如帰にそんなこと解るはずがないだろう。

近代の期間

 日本史における近代の期間は「明治維新から太平洋戦争の終結まで」とされる。太平洋戦争の終結は1945年で明確だが、明治維新の始まりと終わりについては諸説あり、明確ではない。明治維新という理解は後世の人々による時代区分の設定であるから、どういう要素を重視するかで解釈は異なる。

 明治維新幕藩体制の崩壊から始まり、近代天皇制国家の形成で終わる変動を指す。明治維新を描くドラマなどでは黒船来航から始まることが多いようで、鎖国政策を放棄させたペリーの浦賀来航(1853年)は明治維新の始まりの象徴か。一方、大塩平八郎の乱や改革の失敗など幕藩体制の弱体化が顕著になった天保期(1830~1843年)を明治維新の始まりとする説もある。

 ペリーの浦賀来航に続いて日米和親条約締結(1854年)、大政奉還と王政復古(1867年)、江戸城無血開城と新政府成立(1868年)、戊辰戦争終結(1869年)、廃藩置県1871年)、地租改正(1873年)、西南戦争(1877年)、大日本帝国憲法発布(1889年)と大きな出来事が続く。明治維新の終わりも何を重視するかで諸説に分かれる。

 ペリーの浦賀来航から大日本帝国憲法発布までの36年間を明治維新としても、日本史における近代の始まりは明確ではない。幕末の開国を近代への転換点とする説が有力で教科書などでも同様の説明がなされているそうだが、大政奉還と王政復古を重視する説もある。時代の変動は1日で起きることもあり、数十年かけて起きることもあるのだから、近代という時代区分の切れ目をどこにおくかは解釈次第だ。

 近代という時代区分は各国史においても適用されるので、近代とみなす共通条件がある。それは、①封建主義時代の終焉、②主権国家体制の成立、③市民社会の成立、④資本主義の成立、⑤国民国家の成立、⑥個人主義自由主義の成立ーなどだが、これらは欧州で先に成立したシステムであり、現代の世界でも受け継がれている。

 これらの制度・システムや意識などの変化が社会に定着するには年月を要し、さらに地域や社会によって変化に要する年月は異なり、重視する条件によって各国の近代の期間にも諸説ある。第二次世界大戦終結を近代の終わりとする国は多いが、国によって異なる解釈もある。

 近代は欧州諸国が世界各地に植民地を獲得した時代でもある。資本主義が発達して国外に新たな市場を求めたのだが、植民地では過酷な支配が伴った。日本の明治維新は欧州諸国の植民地主義の脅威に対応した自発的な近代化の始まりと考えられるが、植民地とされて独立に長い時間と多大な努力を要した国は多い。そうして独立した国における近代化は欧州をモデルとせざるを得なかった。

ひまわり見

 花見の名所は各地にあるが、屋外で飲んで浮かれて騒ぐというのを春、桜だけに限定するのは勿体ない。冬には雪見酒があるが、屋外での雪中酒は、ちらちら降る雪の中で飲むので、飲むより早く身体が冷えていきそう。冬ははずしたほうがよさそうだ。

 春は桜のほかに桃、こぶし、梅などいろいろ花はあるが、鴬の声を聞きながら飲むという鴬聞き酒なんてのはよさそうだ。難点は静かさが必要で騒げないこと。

 夏は、ひまわり見。大輪のひまわりを見ながら飲む。真夏の直射日光をイメージすると、飲み物はテキーラとかラムだな。グラスの酒の上にひまわりの花片一つを浮かべ、おっ、風流だななどと言いながら、ぐいと飲む。夜桜ならぬ夜ひまわりというのもいい。ひまわりに囲まれた中で、夜なら冷えたビールをぐぐっというのも、いい。

 夏には蝉聞き酒というのもある。木陰に敷物を敷いて、蝉の声を聞きながらの宴会。暑いなかでは風流心は湧かないだろうが、くそ暑い夏に負けず、いや、負けてさ、しようがないから飲むって心境が、ミーンミーンだのジージーだのという蝉の声に囲まれて飲むのに合っている。

 秋には紅葉狩りがあるが、紅葉狩りと宴会の結び付きのイメージはあまりない。大きめの盃に紅葉を浮かべて飲むのもいいと思ったが、さすがに紅葉では大き過ぎか。葡萄狩りに出かけて、ワインを飲んで宴会というのもお洒落(?)。