望潮亭通信

無常なる世界を見るは楽しかり

自分探し

 自分探しとは「それまでの自分の生き方、居場所を脱出して、新しい自分の生き方、居場所を求めること」とされる。自分とは何か。それが分からなかったり混乱しているから探すのだろうが、自分を見つけたと判断するのは自分であり、探している自分を見つけることができるのは自分だけ。それまでの自分と新しい自分がどう違うのか、見分けることができるのも自分だ。

 自分を見つけたと見分けて判断するのは、その人の主観である。客観的に自分を定義している人は少ないだろうし、客観的に自分を定義できるなら自分探しをする必要はない。定義できず、ぼやけている自分に満足できないから自分探しを始めるのだろう。自分探しは、それまでの自分に不満を持ったり、それまでの自分を否定したりすることで成り立つ行為だ。

 自分探しをするのは、それまでの自分と違った新しい自分があると信じるからだろう。だが、それまでの自分と違った新しい自分などというものが存在せず、存在するのは、それまでの自分でしかないのなら、いくら自分探しを続けても、新しい自分を見つけることはできない。「ない」ものは探しても見つからないから、自分探しという行為が続く。新しい自分とは、気持ちがリフレッシュされた自分かもしれない。

 新しい自分とは、自分が高く評価するに値する自分でもある。判断や評価は当人の主観で行われるので、その基準は簡単に変動する。だから、気分次第で新しい自分が見つかる(=見つかったという気分になる)。例えば、日常から離れて初めての土地に行ったりして環境が変わると、気分がリフレッシュされ、前向きの評価をしやすくなり、新しい自分がいるようにも感じることは珍しくない。

 自分探しは、「現在」の「ここ」に存在する自分ではなくて、どこかに存在するに違いない新しい自分を探すのだが、探すという行為は、①確かに存在するものを探す、②存在が不確かなものを探すーに分かれる。自分探しは、新しい自分が存在するはずだとの思いが強ければ①になるが、生き方に迷っているだけなら②になる。ただし、UFOや幽霊などを熱心に探す人もいるので、②であっても主観的には見つかることはあろう。

 自分探しは若者に似合う。中年になって様々のストレスに耐えられず、「自分探しの旅に出ます」などと言っても周囲は困惑するか諌めるだろう。まだ不安定で自己の確立が不十分な若者には自分探しが許容されるだろうが、中年には、自分が満足していなくても、与えられた位置で励むことが求められる。中年だって自分に満足せず、新しい自分を求める気持ちはあるだろうが、どこかに新しい自分があるとの確信は希薄だろうし、むしろ、与えられた場所で励むべきとされる。

 自分には広い多くの可能性があると感じるのは若さの賜物だ。新しい自分を探しあて、新しい充実した毎日が始まるなら喜ぶべきことだ。新しい自分とは気分や意欲が前向きに変化した自分だったとしても、それで生きることに積極性が出てくるのなら自分探しには効果があったということになる。ただし、気分次第で判断や評価が変わるなら、自分探しの旅は断続的に続くかもしれない。

学習する民族主義

 住民投票で独立賛成が総投票数の55.5%を占めたことからモンテネグロ議会は2006年6月3日、独立を宣言し、国家連合を組んでいたセルビア共和国も公式に独立を受け入れた。これで旧ユーゴスラビアは6共和国に完全に解体した。


 友愛と連帯を旗印に南スラブ民族統一国家を目指して独自の国づくりを進めてきたユーゴスラビアでは多くの民族が混在していた。クロアチア独立、ボスニア独立では民族間憎悪が煽られて血を流し、さらにセルビア国内のコソボ自治州をめぐっては、米軍とNATOが国連決議なしでアルバニア人支援の軍事行動に踏み切り、連邦制を維持しようとする動きは外部から力づくで押さえ込まれた。セルビアモンテネグロ独立に反対だが、手の出しようがなく、認めざるを得なかった。


 民族意識は人為的に形成されるものである。言語や習俗を共有する人々で自然に形成されるのが民族意識だと捉えられがちだが、政治意識としての民族主義は学習で形成されるものだ。ユーゴスラビアを例にとると、元々は同じ南スラブ民族(ユーゴ=南、スラビア=スラブ人)だったのが、東西ローマ帝国の分裂やオスマントルコ帝国支配等の歴史により、居住地区によって宗教が異なるようになり、新たに細かく民族と区分けされるようになった。セルビア人とクロアチア人は、使っている文字は異なる(キリル文字とアルファベット)ものの、会話には支障がない。そんな彼らが何度も互いに殺し合ってきた。民族意識を自己の行動の正当化の拠り所として。


 アメリカ民族と聞いてピンとくるだろうか。様々な移民(と末裔)が社会を構成しているアメリカで、無理にこじつけるのなら先住民のことになろうが、アメリカ民族という民族の実態はないといってもいい。中国では中華民族という意識が主張されている。地域によって言語や習俗が大きく異なるのだが、歴史的に統一国家権力による支配を長年受けてきたことから、各地の人々は被支配感覚を共有し、それが中華民族という意識形成につながったと考えられる。


 アメリカ民族という意識がいつか形成されるだろうか。ユーゴスラビアでは、各民族間の婚姻により生まれた子がユーゴスラビア人という民族に区分けされていた。新たな民族の誕生でもあるが、実態は既存の民族意識からの脱却である。例えば日本人と中国人の間に生まれた子は、両親のどちらかの民族意識を受け継ぐのではなく、東アジア人とでもいうべき“民族”意識を持つようなものである。ただ、ユーゴスラビアの解体によりユーゴスラビア人として生きてきた人々は寄る辺がなくなった。それらの人々は両親のどちらかの民族意識を学習するか、ヨーロッパ人との意識に同化するかであろう。


 民族意識は人為的に形成されるものである。別の言い方をすると、学習により民族意識を植え込むこともできるし、学習により既存の民族に同化することもできる。ある民族なんだと思い込めば、もう、その民族に同化しているというのが民族意識の実態なのかも知れない。ただ、理性や知性の批判に耐えられるほど、民族意識というものが客観性を持つものであるのかは疑問が残る。


 解体の原動力になったのが民族主義であったユーゴスラビア。更なる解体を指向する大アルバニア主義勢力があり、そうなれば各共和国に分散する格好になったセルビア人も統一を指向しよう。民族主義が現実に何を招くか、ユーゴスラビア解体の歴史がそれを教えてくれる。


補給を断つ

 沖縄県沖の太平洋で中国海軍が大規模な演習を行った。報道をまとめると、中国側の発表は、▽共同戦闘作戦の強化に向け台湾周辺で演習を行った▽東部戦区は海軍と空軍が5月6〜8日に台湾東部沖や南西部沖の海空域で演習を行った▽演習は「複数の軍隊の共同戦闘能力を試し向上させる」狙い。中国軍の東部戦区は台湾や東シナ海を担当する部隊で、軍機関紙は演習の目的を、海空軍などの「統合作戦能力をさらに向上させること」とした。

 台湾国防部は、▽中国軍の演習には爆撃機や戦闘機、対潜哨戒機などが使用された▽中国軍の対潜哨戒機や爆撃機など計18機が5〜8日に台湾の防空識別圏に侵入して台湾の南東空域まで飛行し、台湾空軍機が緊急発進したーと発表した。この演習は「西太平洋の海上大型目標を攻撃する訓練だった」との専門家の解説を台湾紙は伝えた。

 日本の防衛省は、▽中国軍の空母が艦載機の発着艦訓練を沖縄県南方の太平洋で3日から連続10日間実施した▽発着艦回数は200回を超えた▽これまでで最も日本に接近した海域での演習だったーとし、さらに▽空母を含む艦艇8隻は5月2日に沖縄本島宮古島の間を太平洋に南下し、3日から沖縄県沖大東島の南西約160キロから石垣島の南約150キロの海域で艦載機の発着艦訓練を行った▽海自の護衛艦が情報収集や警戒監視を行い、航自の戦闘機が緊急発進で対応ーと発表した。

 ▽中国軍の艦隊は、空母と空母を防御する中国版イージス艦ミサイル駆逐艦、中国海軍最大規模の最新ミサイル駆逐艦、燃料補給の高速戦闘支援艦などで構成され、「実戦的な艦艇の構成」(防衛省幹部)。演習の狙いは▽台湾有事を想定した大規模な合同演習だった可能性▽中国側から空軍の戦闘機が台湾に近づいたとされ、「海軍と空軍で台湾を挟み撃ちする作戦を想定した訓練の可能性」「台湾を包み込むように幅広い方向から攻撃できると中国軍が圧力をかけた」(同)。

 中国海軍の艦隊が宮古海峡を抜けて太平洋で演習を行うことはもう珍しいことではなくなったし、昨年10月には合同海軍演習を行った中国とロシアの艦隊が日本海から津軽海峡を抜けて本州の太平洋側を南下し、九州沖の大隅海峡を通って東シナ海に抜けた。中ロの艦隊が津軽海峡と大隈海峡をそろって通過したのは初めての行動。中国国防省は「他国の領海に進入しなかった」とし、ロシア国防省は「パトロールの一環として初めて津軽海峡を通過した」。中国は日本に対する軍事的な牽制を隠さない。

 今回の中国海軍の太平洋における演習は、台湾有事を想定したものという見方が妥当だろうが、ウクライナ情勢が微妙に影響した可能性もある。それは、中国軍が台湾に侵攻した場合、台湾に対する米国からの武器などの補給を断つ必要性が明らかになったからだ。ロシア軍に対して劣勢と見られていたウクライナ軍が有効な抵抗を続け、ロシア軍の「勝利」を阻止しているのは米国や欧州諸国からの武器の大量補給が貢献しているとされる。

 海に囲まれた台湾に中国が侵攻した状況で、台湾に武器を補給できる能力を持つのは米国だけだ。米国から台湾への武器などの補給を阻止するためには中国海軍や空軍が、台湾に近づく米国の艦艇や航空機を排除しなければならない。おそらく従来の中国海軍の太平洋における演習は、台湾への侵攻と米国艦艇の牽制を想定したものだっただろうが、ウクライナ情勢から、台湾への武器などの補給を断つ必要性が大きくなった。沖縄ー台湾間の連絡を断つことも含め今後、太平洋で中国海軍の演習は様々な想定で頻繁に行われるだろう。

武士道と極東国際軍事裁判


モノノフ「戦に負ければ、大将が責任をとるのは当然じゃ。自害すること。それが大将の責任の取り方じゃ。乱戦になって自害する間もなく敵に捕えられれば、それこそ俎板の上の鯉、どうとでも好きにせいと、覚悟を決める。それしかない。敵の大将の前に引き摺り出されて首をはねられるか、いきなり袈裟懸けに斬られるか、柱に結わいつけられて槍で突かれるか、それは相手が決めること。戦に負けた大将が殺されるのは当然じゃ」


槍持ち 「しかし、戦が続いている時ならともかく、戦の勝敗もついて、平時になってから殺すというのは可哀想じゃありませんか」


モノノフ「戦に負けた大将が、敵から情けをかけられて生き延びるというのは恥辱を与えられるのと同じこと。戦に負けた大将は、殺してやるのが武士の情けというものじゃ」


槍持ち 「武士の魂を本当に持っている日本人なら、その場に応じて出処進退を間違えないでしょうが、武士の魂を持っている日本人なんて、もともと多くはいないでしょう。だから、武士道と言って殊更言い立てなければならなかった。それが現実。人口比で見ると武士は少数です。日本人の多くは農工商の部類。日本人一般のモラルとして武士道を持ち出されても、それこそ、欧州から持って来た共産主義の理念を日本に当てはめようとするのと同類の発想でしょう」


モノノフ「武士の子は武士だ。しかし、戦国の世では、手柄を立てれば百姓の子でも武士になることはできた。秀吉がいい例じゃ。幕末には多くの百姓が刀をとって武士になった。なろうと思えば誰でも武士にはなれる。ただ、戦乱の世ではない時に、武士として生きるのは簡単じゃないぞ。平時に武士は必要ないからな。社会に必要のない存在が生き延びるためには、隅っこで小さくなっているか、逆に大威張りで開き直るかじゃ。威張るためには理由付けが必要じゃ。それが武士道というもの。大半の武士が実際に出来もしないことを、さも全ての武士がそうであったように理想化して誤摩化しているのが武士道というものの実態じゃ」


槍持ち 「しかし、ただの理想でしかなかったのなら、これほど伝わることは無かったはず。何かが武士道の中にあったからこそ、今に伝わっているのではありませんか」


モノノフ「おそらく、日本人の感性に訴えかけてくる理念が含まれていたんだろう。日本人の生活の中にはないが、錯覚して郷愁を感じさせるような何かがじゃ」


槍持ち 「戦に負けた日本軍の大将らが、勝った側に一方的に裁かれたと、70年以上経ってからも言い立て被害者意識を煽り立てる手合いもいるようですが、なるほど、日本人は武士道から遠く離れたところに行ってしまったようです」


モノノフ「坂口安吾が、天皇を最も信奉しているように振る舞っていた連中が天皇を最も利用していたと書いていたが、それに倣うと、武士道を言い立てる連中が最も武士道を利用しているということじゃ。武士道をモラルと言い立てるのなら、自らの出処進退で実践すること。それが出来ないのは、腹を切る覚悟もなしに刀を持って武士を任じる連中と同類じゃ。威張ってみたいだけじゃろう」


ミサイルシュート


 こんなコラムを2006年に書いていました。

アナウンサー「さあ、ノース・パシフィック・カップ北太平洋での覇権をかけての決勝戦が始まりました。対戦するのは、圧倒的な物量で勝ち上がってきたアメリカと、中ロ韓から支えてもらってきた北朝鮮です。解説の三浦さん、どんな試合になりそうですか」
三浦    「すごい試合になりそうですね、なにしろ決勝戦ですから。まあアメリカの勝ちは間違いないでしょう。ただ、アメリカは同時に、他の競技場でイラクやイランも相手にしていますので選手層は手薄になっています。そこを北朝鮮がどう突くかが見所でしょう」
アナウンサー「さっそく北朝鮮が脅しをかけていますね。ミサイルシュートを撃つぞ撃つぞと。これは効くのでしょうか」
三浦    「さあ、どうでしょう。何度も同じ手を使っていますからね。効かないでしょう」
アナウンサー「でも、ミサイルシュートが間違って観客席に飛び込んできたら、怖いですよ。ミサイルシュートを持ち出した北朝鮮に観客席からブーイングが起こっています」
三浦    「今はミサイルシュートしか北朝鮮には攻め手がないんですね。偽ドルシュートも覚醒剤シュート、武器輸出シュートなど北朝鮮独自の戦法が封じ込められてしまったので、生き残るためには、ボクラは危険な存在なんだとコワモテで開き直るしかないんでしょう」
アナウンサー「あ、撃ちました。あれあれ、1発だけかと思っていたら、続けて撃ちました。7発も撃ちました」
三浦    「おお、すげえ。闇夜の透かしっ屁みたいなプレイだ。あれ、大きく外しました」
アナウンサー「アメリカは落ち着いています」
三浦    「弾道ミサイルシュートをアメリカ陣地まで飛ばせば、アメリカも本気になったのでしょうが、北朝鮮にはそこまでの覚悟がなかったんですね。アメリカ陣地から遠く離れた、見当違いの方向に中距離ミサイルシュートを続けて撃ちました。アメリカを本気で怒らせたくはないが、アメリカと互角なボクラを世界に見せつけ、この試合を続けたいと北朝鮮は言っているんですね」
アナウンサー「北朝鮮は勝ちたいとは思っていないのですか」
三浦    「北朝鮮アメリカに勝てると思っている人は世界中に1人もいないでしょう。といって、北朝鮮が負けて崩壊してしまっては、周囲の国が大迷惑です。ドイツ統一みたいに韓国が北朝鮮を引き受けるのならともかく、フセイン後のイラクみたいに、周辺国のワル連中の治外法権の寄り合い場になってしまえば傍迷惑です」
アナウンサー「観客席は大騒ぎしているのに、ピッチ上ではあまり動きが見えません」
三浦    「もう北朝鮮には、何発かミサイルシュートを続けるくらいしか手は残っていませんね。アメリカは自陣に弾道ミサイルシュートを撃ち込まれてから動けばいいと見ているのでしょう。妥協もしないし、対話もしない。ボールを回させてやっているんですね」
アナウンサー「この試合の見せ場はもう終わったということですか」
三浦    「さあ、どうですかね。なにしろ突拍子もない手を出して来るので知られている北朝鮮ですから。PK戦までもつれ込むかもしれませんよ」

無事に帰国することが任務

 空自以外の自衛隊が06年にイラクから撤収した。03年12月に先遣隊が派遣されて以来、「自衛隊の行くところが非戦闘地帯」の迷言通りだったのかは知らないが、2年半余りで全員無事に引き上げた。無事だったことは良かったのだが、肝心のイラクが当時、滅茶苦茶になっていることへの関心が薄かったのが気になる。イラクの復興支援に自衛隊は行ったのではないのか。


 イラク国内での死者は06年上半期で民間人だけで1万4千人以上。5、6月だけでも6千人近く、国内避難民も16万人を越えた。選挙を経て自前の政府が当時発足したものの、治安が維持できず、国内の主要施設は米軍などに守られているという状況では、復興への第1歩さえ踏み出していなかった。3月のアスカリ廟爆破以来、シーア派スンニ派の対立が先鋭化し、強盗団なども横行し、殺人や拉致、拷問が蔓延しているともいわれた。


 国連イラク監視団の報告書によると、モスクを狙った自爆テロや判事暗殺、刑務所内の殺人、イスラム聖職者への襲撃などのほか、民族や宗教、服装が異なる人々や女性、同性愛者も標的にされていた。民間人の死者の大半は爆弾や通りすがりの車からの銃撃で殺され、「近所の市場やガソリンスタンドなどでの無差別攻撃や、武装勢力と治安部隊の衝突に巻き込まれている」状況。拉致された人の多くは身代金が支払われた後に殺害されていたともいう。無法状態であったことは間違いない。


 そんなイラクから、アメリカへの義理は果たしたとばかり自衛隊が去った(空自は残って米軍等を助けた)。日本政府の独自の考えとして、イラク復興の支援のために自衛隊を派遣したのであれば、復興の目処が立つまで派遣を延長すべきだった。海外での武力行動が禁止されている自衛隊は自前で治安維持が出来ず、治安悪化で危険になったので一時撤収するというのなら理解も出来るが、逃げ出すように撤収して、日本国内では「無事でよかったね」で済まされるのであれば、やはり日本は自分らのことしか目に入らないと言われても仕方あるまい。


 自衛隊イラク現地に派遣するということが派遣の目的だったから、当時の小泉首相の退陣前に無事に帰国させることが出来たのは「成功」だったとの見方がある。海外派遣の実績づくりが目的だから、自衛隊イラクに行っても、復興支援の「アリバイづくり」のほかは防御の堅固な基地に閉じこもり、無事に帰国することが任務だった。


敵の能力を見誤る

 世界の新型コロナウイルス感染者数は5億2011万人、死者数は626万人だ(5月13日)。発生源とも見られていた中国は感染拡大を制御していると自賛していたが、今年に入って変異株の感染が各地で広がり、感染者数113万人、死者数5205人との発表だ(5月12日)。上海で都市封鎖(ロックダウン)が長引いているように、ゼロコロナを掲げる中国において感染拡大の沈静化のメドは立っていない。

 首都の北京市でも感染が広がりかけているようだ。北京市は4月24日、防疫措置を強化し、新規感染者が多い朝陽区では全域でPCR検査を頻繁に実施するとし、都市封鎖が実施されることを警戒して人々が食料品などを買うためスーパーなどに押しかけたと報じられた。強権国家の中国における都市封鎖は厳しい取り締まりを伴うので、人々の外出はほぼ不可能になる。

 さらに北京市は4月25日、感染対策を大幅に強化すると発表、住民らを対象にした週内3回のPCR検査を市のほぼ全域に拡大した。感染拡大の封じ込めに北京市が必死になるのは、封じ込めに失敗すれば習指導部の求心力に響きかねず、習近平総書記の3選に影響しかねないとの危機感があるとマスコミは報じた。

 さらに4月29日から小中高校や幼稚園などが一斉休校となり、同30日にレストランでの店内飲食が禁止され、映画館も営業停止となった。公共の場所やホテルに入るには48時間以内のPCR検査の陰性証明の提出が求められる。5月4日に北京市は中心部の朝陽区の企業に原則在宅勤務とするよう求め、同8日には朝陽区で対策を強化するとし、「市民生活の維持に関係がない企業」には営業停止を求め、百貨店などは休業しているという。

 翌9日には同市南西部で市民の外出が禁止され、感染対策以外の全ての活動の停止が命じられた。ほかの地区でも在宅勤務が指示され、飲食店や公共交通機関は閉鎖され、道路や集合住宅、公園も封鎖されたという。こうした北京市の一連の対策は、感染者が増え続けている状況を示すが、同時に「ゼロコロナ」を維持・達成しなければならない地方行政の必死さを浮かび上がらせる。

 「ゼロコロナ」を維持・達成するために中国は、人々に対する厳しい行動制限で内需が落ち込み、経済活動が混乱・停滞するという代償を払っている。人々は不満や怒り・批判を様々な形で表しているが、そうした声はSNSなどに現れても、すぐに消されるという。行動制限や言論統制など強権による封じ込めに頼るしかなくなった状況が示すのは、強権統治の強さか脆さか、判断は分かれよう。

 世界では新型コロナウイルスとの共存に向かい、規制を緩めたり解除する国が相次いでいるが、中国は「ゼロコロナ」政策を堅持する。それは①武漢での感染封じ込めという成功体験の呪縛、②独裁する共産党の無謬性の維持ーなどに支えられるが、変異株の出現が中国共産党の思惑を打ち砕いた格好だ。

 中国が「ゼロコロナ」政策にこだわるのは、新型コロナウイルスという「敵」の能力を見誤ったことを認めることができないからだ。武漢での封じ込めという「初戦」の戦果にとらわれすぎて、変異株が次々に誕生して世界で感染を広げるという新型コロナウイルスの「実力」を中国は認めることができず、厳しい行動制限を各地で展開する。敵の能力を見誤って過小評価し、状況の変化に対応した対策を講じることができない中国。「ゼロコロナ」政策の成功をうたうには、もう感染の実態を糊塗するしかない?